タイのビール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タイのビールでは、タイ王国で製造および輸入されるビールの概要について記す。

概要[編集]

タイでのビールの醸造は、1933年に57歳の Phya Bhirom Bhakdi または "Boon Rawd" Sreshthaputra に醸造許可がおりたことら始まった。[1] 彼の会社である Boon Rawd Brewery英語版 は、タイで最も古く、最も知られているラガービア・シン(Singha) ("sing"と発音する)を生産する。 ビア・シンはタイで、標準(ABV 5%)、軽め(ABV 3.5%)、ドラフトビールで販売されている。[2]

ビア・シン最大の競争相手はタイ・ビバレッジで生産しているビア・チャーンである。 ビア・チャーンは、リヴァプールのサッカークラブであるエヴァートンFCのスポンサーとして世界的に注目されている。そのため、ブランド名とロゴ2004年以降チームユニフォームに描かれている。

ノンタブリーにある工場タイアジア太平洋醸造所(TAPB)では、以下の商品を醸造している。

彼らは、ギネスキルケニー (ビール)英語版のタイの輸入業者である。[3]

Boon Rawd Breweryは、標準的なラガーABV 5%)である Leo も製造する。またアサヒスーパードライの受託生産も手がけている。 タイ・ビバレッジは、大衆市場の非プレミアムラガー Archa を販売している。 Boon Rawd Breweryも世界的なブランド Mittweida を販売していたが、インベブとKlosterが提携して醸造したビールに置き換えられた。 また、タイビールと呼ばれる6.5%のラガーを販売している。

他のローカルに醸造されたタイのビールとして、パトゥム・タニ英語版プーケット・ビール英語版Siam がある。 後者は海外に輸出しているが、タイでは販売していない。 プーケット・ビール英語版 と Federbrau は、ドイツビール純粋令に基づいて醸造された唯一のタイのビールである。 Phuket Lager は、2006年モンドセレクション賞で、金メダルを獲得した。[4]

Klassik beer は、パトゥム・タニ英語版で醸造された別の地ビールである。

タイ国内では外国産のビールが人気があるが、タイ政府は60%までの輸入関税を課すことで国内の醸造所を保護している。[5] また、全ての輸入ビールはボトルキャップに輸入ステッカーを貼らなければならない。 そのため、タイの醸造業者は、タイ・ビバレッジカールスバーグパートナーシップのような、ヨーロッパの醸造業者と提携した。

経済規模[編集]

2015年のタイのビール市場は、3-4%増の1,800億バーツとなる見込みである。[6] Singha Corporation は、市場の72%のシェアを持つ市場リーダーである。 タイ・ビバレッジは24%のシェアを持ち、ハイネケンは4%のシェアを持つ。[6] タイのアジア太平洋醸造所とサンミゲル・タイ社は、2013年にそれぞれ5%と1%の市場シェアを持つと報告されている。[7]

クラフトビール[編集]

タイでは、ビール生産者のための2種類のライセンスがある。 タイの1950年の酒類法では、年間100万リットルを超える工場でのみビールを製造することができる。瓶詰めが許可されていない現場では年間10万リットル以上を生産するブルーパブ(Brewpub)でのみビールを製造することができる。 ブルーパブ(Brewpub)は店頭で売ることはできない。[8] いずれのタイプの生産者も、少なくとも1,000万バーツの資本を持つ有限会社でなければならない。[5] 1950年の酒類法の下での「家庭醸造」の最大罰金額は、製造すると200バーツ、販売すると5,000バーツであった。 2016年12月に国会議会が通過した新しい法律は、違法生産の最大罰金額を100,000バーツまたは6ヶ月の刑期、またはその両方に引き上げた。 違法ビールを販売した場合の最大罰金額も50,000バーツに引き上げられた。[9] クラフトビールを販売するため、あるブルーパブのマイクロブルワリーは、「私たちには2つの選択肢があり、海外の工場で生産するか、私たち自身で海外に工場を建設し、それらを輸入する」と述べている。[5]

一方、軍事国家であり、隣国のASEANミャンマーは、2017年1月、Burbritに初めてのクラフトビールの醸造所を手に入れた。 その名前は「ビルマ」と「Britain」に由来している。これは、ビルマの醸造の歴史に対するイギリスの影響を示している。[10]

ギャラリー[編集]

タイのブルワリー[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ About us”. History. Boon Rawd Brewery Co., Ltd. 2015年2月1日閲覧。
  2. ^ Beer and Alcohol Products”. Singha Corporation Co., Ltd.. 2015年5月26日閲覧。
  3. ^ Background”. Thai Asia Pacific Brewery. 2014年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月26日閲覧。
  4. ^ Phuket Beer Asian beer brand”. Phuket Magazine. 2015年3月16日閲覧。
  5. ^ a b c Itthipongmaetee, Chayanit (2017年1月22日). “THAI CRAFT BEER'S NEW STRATEGY: KEEP BREWING UNTIL LAW CATCHES UP”. Khaosod English. http://www.khaosodenglish.com/life/2017/01/22/thai-craft-beers-new-strategy-keep-brewing-law-catches/ 2017年1月24日閲覧。 
  6. ^ a b Rungfapaisarn, Kwanchai (2015年5月25日). “High household debt takes the fizz out of beer market”. The Nation. http://www.nationmultimedia.com/business/High-household-debt-takes-the-fizz-out-of-beer-mar-30260826.html 2015年5月26日閲覧。 
  7. ^ Beer in Thailand”. www.euromonitor.com. 2008年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月23日閲覧。
  8. ^ “Craft support for craft beer” (Editorial). Bangkok Post. (2017年2月4日). http://www.bangkokpost.com/opinion/opinion/1192609/craft-support-for-craft-beer 2017年2月4日閲覧。 
  9. ^ “Boutique brewer faces jail”. Bangkok Post. (2017年1月22日). http://www.bangkokpost.com/news/crime/1184776/ 2017年1月24日閲覧。 
  10. ^ Corbin, Luke (2017年2月1日). “Brewing anew in Burma”. New Mandala. http://www.newmandala.org/brewing-anew-burma/ 2017年2月11日閲覧。 
  11. ^ About TROPBEVCO”. Tropical Beverage Company. 2015年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月23日閲覧。
  12. ^ San Miguel Brewery Thailand”. San Miguel Brewery Thailand LTD.. 2016年3月23日閲覧。

関連項目[編集]