パッ・プリッ・キン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パッ・プリッ・キン
Mu phat phrik khing.jpg
ムー・パッ・プリッ・キン。豚肉ジュウロクササゲコブミカンの葉とともにプリッ・キン・ペーストで炒められる。
種類 カレー
発祥地 タイ王国
主な材料 唐辛子レモングラスニンニクガランガル
テンプレートを表示

パッ・プリッ・キンタイ語: ผัดพริกขิง発音 [pʰàt pʰrík kʰǐŋ])はタイ料理ゲーン(タイカレー)の一種である。で炒めて作られ、液状のココナッツミルクも含まないため、いわゆるレッドカレーのような他のタイカレーよりも汁気が少ないのが特徴である。油の代わりに、または油に加えて、油状になるまで炒めたココナッツミルクが用いられる場合もある。

ブリック(トウガラシ)に由来する鮮やかな赤が特徴的な濃厚なカレー・ペーストが用いられる。「パッ・プリッ・キン」の「キン」はタイ語で生姜を意味するのだが、紛らわしいことにこの料理には生姜は使われていない[1]。通常レモングラスニンニクガランガルが具材として使用される[2]。パッ・プリッ・キンのペーストの代用としレッドカレーペーストが用いられることもあり、このレシピはタイ国内においてさえ珍しいことではない[3]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Thai recipe
  2. ^ Phat phrik khing mu kap thua fak yao”. 2012年4月23日閲覧。
  3. ^ Pork red curry