カヤジャム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カヤジャムマレー語:Kaya インドネシア語:Seri Kaya)とは、食品の1種であり、ペースト状スプレッドの1種である。日本ではしばしばカヤジャムと呼ばれるものの、単にカヤとも呼ばれる。なお、マレー語で「カヤ」とは「豊かな」といった意味である。

一般的なカヤ(カヤジャム)[編集]

材料と色について[編集]

カヤジャムは、ココナッツミルクと、カモの卵またはニワトリの卵のいずれかの卵とを使って作られる。ただし、より甘くするために砂糖が加えられることもある。また、香り付けのためにニオイタコノキの葉も使う場合がある。なお、一般的なカヤジャムの茶色っぽい色は卵の黄身の色によるものではない。ニオイタコノキの葉の添加量とカヤジャムの中に含まれる糖分のキャラメル化の程度に依存して色が決まっている。

利用法[編集]

カヤジャムは、ココナッツミルクの産地でもある東南アジア地域、特にマレーシアシンガポールでよく食されている。

パンにカヤジャムを塗ったカヤトーストは、これらの地域で朝食の定番となっており[1]、朝食を販売する店でも売られている。しかしながら、別に朝食として食べるものだと決まっているわけではなく、1日中好きな時に食べられている。

また、パンではなく、他の食品に塗って食べる場合もある。つまりカヤジャムには、カヤトーストに使う以外の利用法も存在する。

その他のカヤ[編集]

上記のカヤジャムに含まれている糖類を、よりキャラメル化させることによって、より濃い色のカヤが作られる場合もある。さらに、カヤには上記の茶色っぽい色をしたもの以外にも、淡緑色をしたタイプのものも存在する。また、蜂蜜を加えて作るカヤも存在する。

主な参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Michael Aquino. “Roti Kaya - a Favorite Kopitiam Breakfast throughout Malaysia and Singapore”. About Travel. 2015年4月16日閲覧。