パネーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パネーン
Panang curry (42943883862).jpg
豚肉パネーン
種類 カレー
発祥地 タイ王国の旗 タイ
主な材料 乾燥唐辛子, ガランガル, レモングラス,コブミカン, パクチーの根, パクチーの種, クミンの種, にんにく, エシャロット, シュリンプペースト, ,ピーナッツ
テンプレートを表示

パネーンタイ語: พะแนง発音 [pʰā.nɛ̄ːŋ] )とは、タイカレー(ゲーン) [1]の一種。赤色を呈し、濃厚で塩辛さと甘さがあり、ピリッとしたカフィアライムの風味がある。パネーンについての最も初期の記述は、既知のものなかでは1890年に出版されたMom SomchinRachanupraphanの本TamraKap Khao (ตำรากับเข้า)にある[2]

人気のパネーン料理は豚肉パネーンである。[要出典]ヴィーガン菜食主義者に配慮した、シュリンプペーストに味を似せた動物性食品を用いない調味料や、魚醤の代用品として強い野菜ストックや醤油を用いたもの、肉の代用品として豆腐を用いたものもある。タイでは、パネーンは通常ご飯に合わせて食べられる。

パネーンカレーペースト[編集]

パネーンカレーペーストをココナッツクリームで揚げて、カレーの味をよりクリーミーにするところ。

パネーンカレーペーストは唐辛子ガランガルレモングラスコブミカン皮、コリアンダールートコリアンダーシードクミン種子、ニンニクエシャロットシュリンプペーストおよびピーナッツを主たる材料とする。 [2]パネーンは通常、肉の細切りやカフィアライムの葉、ココナッツミルク、パネーンカレーペースト、パームシュガー魚醤を用いて作られる。普通、パネーンには濃厚なココナッツミルクが含まれており、他の液体はほとんど足されない。

参考文献[編集]

  1. ^ Editor. “Story Behind The Dish: Panang Curry” (英語). Deliveroo Foodscene. 2020年11月14日閲覧。
  2. ^ a b Thaifoodmaster - Beef Phanaeng Curry and Ancient Grilled Phanaeng Chicken Curry