パームシュガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
タイ産の商品化されたパームシュガー。

パームシュガーまたはヤシ糖とは、ヤシ類の花序や幹の樹液(パームシロップ、パームハニー)から採取できる砂糖である。もともとパルミラヤシナツメヤシサトウナツメヤシの樹液から作られた。現在はサトウヤシ(Arenga pinnata)とニッパヤシから作られている。東南アジアだけでなく、インドスリランカパキスタンアフリカ南アメリカおよびカリブ海地域で生産される。

名前[編集]

同じヤシであるが、ココヤシから同様に取れる砂糖は「ココナッツシュガー」と別の呼称が使われる[1]。同様に、サトウヤシの砂糖は「アレンガシュガー」として販売される場合がある。

種類の違いによる名称もあるが、パームシュガーが取れるヤシは多数の言語圏に跨がり、かつ複数種が生育しているため、インド周辺ではジャグリー(jaggery)、インドネシアのグラメラ(Gula Merah)、フィリピンのPakaskas、タイのnam tan pipなど 数多くの地域言語でパームシュガーを表す言葉が存在する。

歴史[編集]

ラ・ゴメラ島のパームハニー、パームシロップ「Miel de palma」などは16世紀から知られている。また、古代ローマ博物学者ガイウス・プリニウス・セクンドゥスはChamaeropsから甘い樹液が採取できることを記している[2]

製法[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Palm & Coconut Sugar
  2. ^ Plinius XIII, 54

関連項目[編集]