ミヤンカム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミヤンカム
Miang kam ready.JPG
包む前のミヤンカム
種類 スナック
発祥地 ラオス及びタイ王国
主な材料 ハイゴショウかナガバデイゴの葉、ココナッツ、エシャロット、唐辛子、ショウガ、ニンニク、ライム、その他
テンプレートを表示

ミヤンカム(Miang kham)は、タイ王国(タイ語: เมี่ยงคำ)及びラオス(ラーオ語: ໝ້ຽງ)の伝統的なスナックである。しばしば道端で売られている。

ミヤンカムとは、「一口で色々なものを食べる」という意味を表し、ミヤンは「葉に包まれた食べ物」、カムは「囓る」という意味である。

ハイゴショウナガバデイゴの新鮮な葉に、削ってローストしたココナッツと、小さく刻んだ以下のような食材を包む[1]

具材を包む前に、レモングラスガランガル、ショウガ、魚醤を加えたヤシかサトウキビのシロップで葉を味付けする[2]

バンコクで販売されるミヤンカム
包まれたミヤンカム
カイランの葉とMiang pla

バリエーション[編集]

ラオスの首都ヴィエンチャンでは、葉の代わりにキャベツレタスが用いられる。ホウレンソウを用いることもある[3]

miang plaと呼ばれるものは、通常の材料に揚げた魚が加えられる。

出典[編集]

脚注[編集]