カイラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カイラン
カイラン
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フウチョウソウ目 Brassicales
: アブラナ科 Brassicaceae
: アブラナ属 Brassica
: ヤセイカンラン B. oleracea
変種 : カイラン B. o. var.alboglabra
学名
Brassica Oleracea var.alboglabra
和名
カイラン(芥藍)
カイランサイ(芥藍菜)
英名
Kai-lan
Gai Lan
Chinese broccoli
Chinese Kale

カイラン(芥藍、: Chinese Kale、学名:Brassca oleracea var.alboglabra)は、アブラナ科緑黄色野菜キャベツブロッコリー(ヤセイカンラン)の仲間。カイランサイ(芥藍菜)ともいう。別名チャイニーズブロッコリー(: Chinese broccoli)、チャイニーズケール: Chinese Kale)。

概要[編集]

日本で流通するカイラン

中国広東地方の原産。日本でも中華料理(主に広東料理)用の食材として扱われる。流通量はあまり多くないが、福岡県などで栽培・出荷されている。茹でいするとアスパラガスに似た味・食感となる[1]。ブロッコリーとのかけ合わせは茎ブロッコリー(スティックセニョール)と呼ばれる。

暑さに強く、栽培が容易。キャベツのように結球しない。

料理[編集]

中国(両広=広東広西)や東南アジアインドシナ半島マレー半島)などで若い花芽を食用にする。

脚注[編集]

  1. ^ 「アジア野菜、国内栽培広がる/本場の味追求新顔も芽吹く」『日本経済新聞』朝刊2018年4月21日・別刷りNIKKEIプラス1(11面)