サト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サト

サト: sato)は、タイライスワインナム・カオ(nam khaao、namは水、khaaoは米)とも呼ばれる[1]同国東北部の農村で広く造られている[1]

製法[編集]

原料となるもち米を洗い3 - 10時間ほど浸水させる[2]。水を切って30 - 60分ほどかけて蒸し煮を行い、室温で放冷する[2]。米飯をざるや網袋に入れて井戸の水で洗い、粘りを流す[3]。米3kgに対して20gほどの比率でルクパンという餅麹の粉末を散布し、土器の壺に移す[3]

壺の口にバナナや布で蓋をし、4 - 7日ほどかけて発酵させる[2]。液化が進んだ段階で加水して、さらに数日発酵させる場合もある[4]。丁寧に造れば失敗が少ないため、稲作の盛んなタイ東北部では広く飲まれている[4]2002年の報告では、ビール瓶3本のサトーの価格が100バーツであった[4]

脚注[編集]

参考文献[編集]