茅台酒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
茅台酒
Moutai.jpg
各種表記
繁体字 茅臺酒
簡体字 茅台酒
拼音 Máotáijĭu
注音符号 ㄇㄠˊ ㄊㄞˊ ㄐ|ㄡˇ
発音: マオタイジュウ
テンプレートを表示

茅台酒(マオタイしゅ、貴州茅台酒、Maotai、Moutai)は、中華人民共和国貴州省特産の高粱(カオリャン、蜀黍、モロコシ)を主な原料とする蒸留酒白酒の一つで、世界三大蒸留酒の一角に数えられる(他はスコッチウイスキーコニャックブランデー)。強い芳香があり、飲み干した杯にもなお香りが残る[1]。名前は産地の茅台(貴州省北西部仁懐市茅台鎮)に由来する。

製造[編集]

地元産高梁と、長江支流である赤水河の水を用いる。高温多湿な気候を利用しつつ、原料の蒸しと発酵蒸留を繰り返す「九蒸八酵七取酒」により造った酒を3年以上寝かせ、調整・配合を経て再び寝かせる。全工程は5年近くかかる[1]ワインなどのように古酒もある。

歴史と現状[編集]

こうした製法は400年以上続けられている[1]。茅台酒の生産が始まったのは代中頃からで、嘉慶道光年間には20余家が茅台酒を造り、原料として2万以上の高梁が使われるとの記録が残る(『遵義府史』)が、太平天国の乱によって古くからの酒蔵は破壊された。

この酒は1915年に開催されたサンフランシスコ万国博覧会で金賞を受賞したことなどから、1951年より「国酒」と称するようになった。毛沢東リチャード・ニクソン大統領をもてなし、周恩来田中角栄首相をこの酒で接待したことや、実際中国ではしばしばお祝いの宴席で乾杯に用いられることなどから、名実ともに国酒と言える。

そのため、商標を真似た類似酒や偽物が多数出回っており、実際の生産量の倍以上の偽物が流通している言われている。メーカーでも、ホログラムや製造履歴が確認できるICタグなどの対策を打ち出している[2]

現行の主要商品ではアルコール度数は53%[1]。かつては65%であったが、近年35〜47%に下げられている。 飲み過ぎても二日酔いせず、むしろ適度の飲用は健康に良いとされる。周恩来は風邪を引いても薬は飲まず、茅台酒を飲んで治した。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]