ノンアルコールカクテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ノンアルコールカクテルとは、エタノールが含まれないか、極めて少ないカクテルのこと(「法律」を参照)。アルコールを含むの代わりに飲まれることが多い。ノンアルコールカクテルのみを提供するバーもある[1]

「モクテル」とも呼ばれる[2](英語で「真似する」を意味するmockとcocktailを組み合わせた造語[3])。

一般的なノンアルコールカクテル[編集]

カクテルと同じ手法を使って作られる飲み物。酒が飲めない人や弱い人、酒を好まない人や飲まない人、現在酒を飲める状態でない人のために提供されることが多い。

既存のカクテルのレシピからアルコールを抜き、炭酸水トニックウォーターなどに替えたものを「バージン○○」(○○は元のカクテル名にちなむ)と称することがある。

シャンディガフ、モヒートモスコミュールなどは、材料・レシピを工夫すれば、元のカルテルに近い風味でアルコールを含まずにつくることが可能である[3]

法律[編集]

日本[編集]

清涼飲料水の定義として、「酒精分1容量パーセント未満を含有する飲料」が定められている[4]ので、清涼飲料水として提供されているノンアルコールカクテルは、実際には1%未満のアルコール分を含むものもある。

種類[編集]

など。

清涼飲料水としてのノンアルコールカクテル[編集]

カクテル風味飲料とも呼ばれる。苦味酸味[3]炭酸飲料につけてカクテル風味にしたり、カクテルのアルコール分を極端に少なくしたりした飲料である。ジュースと区別するため、苦味を強調しているものが多い。

商品[編集]

現在[編集]

  • アサヒ ゼロカク(アサヒビール
  • カクテルテイスト ソルティードッグ 0.00%(サンガリア
  • カクテルテイスト カシスオレンジ 0.00%(サンガリア)
  • のんある気分 ノンアルコールカクテル(サントリー)
  • ノンアルコールカクテル カシスオレンジテイスト(イオントップバリュ

過去[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 「今宵はノンアルバーで」『日経MJ』2020年10月16日(14面)
  2. ^ 「モクテル、店もうかってる/好採算のソフト飲料、混ぜて楽しい」『日経MJ』2018年12月14日(3面)
  3. ^ a b c 作って乾杯 ノンアル・カクテル」『日本経済新聞』土曜朝刊別刷り「NIKKEIプラス1」2020年5月16日(1-2面)2020年9月7日閲覧
  4. ^ 食品別の規格基準(清涼飲料水) - 大阪検疫所食品監視課” (日本語). 大阪検疫所食品監視課. 2018年3月31日閲覧。
  5. ^ キリンビバレッジ WO
  6. ^ “超低アル・ジーマ”「ZIMNO(ジムノ)」 7月28日(月)全国新発売 (PDF) クアーズ・ジャパン 2008年7月

関連項目[編集]