低アルコール飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

低アルコール飲料(ていアルコールいんりょう)は、

  1. アルコール飲料(酒類、広義のお酒)のうちアルコール分が低いもの。決まった定義は無いが、アルコール分が10%未満(4~8%が多い)のものを指す。
  2. (まれに)度数にして1%未満のアルコールを含む飲料(酒税法上はアルコール飲料に定義されない)。これは通常、ノンアルコール飲料またはローアルコール飲料と呼ばれる。

一般的には前者(1)を指すことがほとんどである。


低アルコール飲料は大きく以下の二つに分類できるが、ビールのアルコール飲料を含まない後者(チューハイ、サワーなど)だけを「(狭義の)低アルコール飲料」として扱う場合も多い。

缶・瓶入りのアルコール飲料として市販される場合は酒税法上のビール、発泡酒、その他の雑酒、リキュール類、スピリッツ類、甘味果実酒などに分類される。

缶チューハイに記された「おさけです」の表記(上部)と点字「おさけ」(下部)

特にチューハイ、サワーのような低アルコール飲料の場合、缶のデザインに果物をあしらっているものが多く、また、ビール系飲料と異なり、商品名からお酒を連想しにくいことから、清涼飲料水と誤って購入・誤飲するケースもあり、缶ふた・側面に「お酒である」旨の記載がされている。

関連項目[編集]