コルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コルンドイツ語: Kornbrand)とは、主にドイツ西部で生産される蒸留酒シュナップス)の一種。ドイツ語ではKornbranntweinと呼ばれることもある[1]

ドイツ語でkorn穀物の意味がある。Kornbrandは「穀物のブランデー」の意味で、Kornbranntweinは「穀物から造ったブランデー」の意となる。その名の通り、小麦ライ麦などの穀物類を原料とした蒸留酒であり、無色透明で風味が無いのが特徴となっている[1][2]

EUの規制では、コルンとは「小麦、大麦オーツ麦、ライ麦、ソバだけを発酵、蒸留した酒。または、小麦、大麦、オーツ麦、ライ麦、ソバを原料としたグレーンスピリッツからつくられる酒であり、いっさい香味付けをしないもの」と定義されている[1]

ドイツの国内法では、EUの規制の上にアルコール度数の規定もあり、コルンはアルコール度数が32度以上と定められている[1]

食後に食後酒(Digestif)として単独で飲まれるほか、ビールと交互に飲んで体を温めたり[2]ベルリナー・ヴァイセに添加されるなどして愛飲されている。

ドッペルコルン[編集]

ドッペルコルンドイツ語: Doppelkorn)と呼ばれる物はアルコール度数が38度以上でなければならない。ドッペルは二重や二度の意味もあるが、「通常のコルンよりアルコール度数が高い」の意で用いられており、製法そのものは通常のコルンと変わらない[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 穀物という名の蒸留酒”. プロフェッショナル・バーテンダーズ機構 (2009年7月3日). 2018年4月6日閲覧。
  2. ^ a b 『カクテルの図鑑』 マイナビ出版2013年、190頁。ISBN 9784839946234

外部リンク[編集]