シュナップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

シュナップスドイツ語: schnaps)は、ドイツなどで飲まれている無色透明でアルコール度数が高い蒸留酒の総称[1][2]。味、香りのないものから、フルーツやハーブで味、香り付けをしたものなど、様々な種類がある[2]

シュタインヘーガー英語版はドイツ産のジンの一種だが、無色透明の蒸留酒であるため、シュナップスに含まれる[1]

アクアビットも北欧諸国ではシュナップスに含めることもあるが、アクアビットには着色された製品もあるため、シュナップスと呼ばれる酒の全てが「無色透明」というわけでもない[1]

アルコール度数が高いことから、小さなグラスで提供されることが多く、寒い季節に身体を温めるため、ビールを飲む合間にお腹を温めるためにチェイサーとして飲んだり、酔いを回すために一気に飲み干すような飲み方で飲まれる[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 穀物という名の蒸留酒”. プロフェッショナル・バーテンダーズ機構 (2009年7月3日). 2018年4月9日閲覧。
  2. ^ a b c サントリー なるほどコール 赤坂5丁目分室”. TBSラジオ (2009年2月28日). 2018年4月9日閲覧。
  3. ^ 林壮一 (2017年9月7日). “200年に一人の天才と呼ばれたボクサーに訊く「王者のドーピング」”. 2018年4月9日閲覧。
  4. ^ スター・トレック、カーク船長の「未来の生まれ故郷」で町おこし、米アイオワ州”. AFPBB (2009年5月4日). 2018年4月9日閲覧。