ライ・ウイスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オールド・オーバーホルト

ライ・ウイスキー (Rye whiskey) は、ライ麦を主原料とするウイスキー

ライ麦パンと同様にライ麦由来のかすかな苦みがあり[1]、ピリッとしたスパイシーなものを「ペンシルベニア・スタイル」、まろやかなものを「メリーランド・スタイル」と呼ぶ[2]

アメリカの連邦アルコール法では、ライ・ウイスキーは法律マッシュ(原料となる麦芽液)の51パーセント以上がライ麦で作られているものと決まっている[3]。マッシュの残りは、主にトウモロコシ麦芽である。また、バーボンと同様に、内側を焦がしたオーク樽での2年以上の熟成が義務づけられている。

歴史[編集]

ライ・ウイスキーはドイツ系移民によってライ麦栽培がが盛んに行われたペンシルベニア州南部が発祥の地である[1]独立戦争後にはスコットランド・アイルランド系移民も加わり、アメリカ北東部、特にペンシルベニア州とメリーランド州で盛んに生産されるようになった。

禁酒法のあと、人びとのウイスキーに対する嗜好はカナディアン・ウイスキーに代表される淡泊で飲みやすいものに移行してしまい、ライ・ウイスキーは立ち直ることができなかった[3]。ライ・ウイスキーの蒸留所はペンシルベニア・メリーランド州からケンタッキー州に移り、わずかな生産業者が残った。

蒸留所[編集]

1996年アンカー醸造所サンフランシスコ)のフリッツ・メイタッグが、「アンカー蒸留所」の名前でオールド・ポトレロ・シングルモルトウイスキーの醸造を開始した。これは100パーセントの発芽ライ麦を使用しており、アメリカでは数少ないシングルモルトウイスキーであった。

アメリカのライ・ウイスキー醸造所のうち有名なものには、他にもジム・ビームやオースティン・ニコルズがある。オースティン・ニコルズはワイルド・ターキーのブランドで度数40%・50.5%のものを売り出している。他にはオールドオーバーホルト、ヴァン・ウィンクル・ファミリーリザーブ、リッテンハウス、ミッチャー、パイクスヴィル・シュープリームなどがある。

カナディアン・ウイスキーとライ・ウイスキーの違い[編集]

カナディアン・ウイスキーカナダとアメリカでは大抵ライ・ウイスキーと呼ばれ、歴史的に内容量の多くがライ麦でできている。しかしながら、現在ではほとんどのカナディアン・ウイスキーはわずかにライ麦原料のものがブレンドされているにすぎない。有名な銘柄はカナディアン・クラブとクラウン・ロイアルである。カナダでは、高比率のライ・ウイスキーのいくつかのブランドも売られているが、一般的な「ライ・ウイスキー」の用語との混乱も招いている。100パーセントライ麦ライ・ウイスキーは、カナダではアルバータ・プレミアムやマスターソンズなどごく僅かである。

製品[編集]

  • ワイルド・ターキー (Wild Turkey)
  • ジム・ビーム (Jim Beam)
  • オールド・オーバーホルト (Old Overholt)
  • レッドフック・ライ 23年 (Red Hook Rye 23 Year)
  • リッテンハウス・ライ (Rittenhouse Rye 80 / Rittenhouse Rye 100 BIB Bottled In Bond)
  • ヴィンテージ 23年,21年(Vintage 23 Year,21 Year)
  • ミクターズ (Michters / Michters 10 Year)
  • オールド・ポトレロ (Old Potrero / Old Potrero 18th Century)
  • パイクスヴィル (Pikesville)
  • サゼラック・ライ (Sazerac 6 Year / Sazerac 18 Year)
  • クラシック・カスク 21年 (Classic Cask 21 Year)
  • ヴァン・ウィンクル・ファミリーリザーブ 13年(Van Winkle Family Reserve 13 Year)
  • テンプルトン ライ (Templeton Rye)

派生[編集]

ウイスキーベースの代表的なカクテルであるマンハッタンの正式なレシピでは、ベースとなるウイスキーにライ・ウイスキーを使う[4][5]

「ロック・アンド・ライ」はライ・ウイスキーと味付け用の果実(主に柑橘類)に少しの氷砂糖を加えて作る酒である。もしくはライ・ウイスキーのお湯割りにビターズと氷砂糖で作ったものを呼ぶこともある。

大衆文化におけるライ・ウイスキー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b マイケル・ジャクソン 『ウイスキー・エンサイクロペディア』土屋希和子・Jimmy山内・山岡秀雄訳 小学館 2007年 ISBN 9784093876681 pp.220-221.
  2. ^ マクリーン 2013, p. 254.
  3. ^ a b マクリーン 2013, p. 262.
  4. ^ YYT project 編 『おうちでカクテル』p.51 池田書店 2007年2月20日発行 ISBN 978-4-262-12918-1
  5. ^ 稲 保幸 著 『色でひけるカクテル』p.122 大泉書店 2003年12月18日発行 ISBN 4-278-03752-X

参考文献[編集]