ローレンス・ブロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ローレンス・ブロックLawrence Block1938年6月24日 - )は、アメリカ合衆国小説家。主にサスペンス、探偵小説を手がける。

来歴[編集]

ニューヨーク州バッファロー出身。1960年よりペーパーバック・ライターとして娯楽小説にて作家デビュー。作品はニューヨークを舞台にしたものが多く、主人公も探偵、空き巣、殺し屋など様々な設定がある。中でも、「マット・スカダー・シリーズ」と「泥棒バーニイ・シリーズ」で人気を集めた。『八百万の死にざま』、『死者との誓い』でシェイマス賞最優秀長篇賞。『倒錯の舞踏』でエドガー賞 長編賞を受賞。

1994年には、MWA賞 グランドマスター(巨匠)賞を授与。また2002年には、PWA 生涯功労賞を授与されている。

「ローレンス・ブロックのベストセラー作家入門」(原題はTelling Lies for Fun & Profitで、直訳すると「おもしろくて得をする嘘をつくこと」)は、エンターテインメント小説の書き方の解説書であるだけでなく、彼の小説論・作家論が書かれており、彼の作品をよりよく読み理解するためにも、大変参考になる。

2007年公開の『マイ・ブルーベリー・ナイツ』では、同作品の監督ウォン・カーウァイと共に脚本を手掛けた。

主な作品[編集]

マット・スカダー・シリーズ[編集]

長編:

# 邦題 原題 出版年
地球の旗
出版年
地球の旗
訳者 出版社
地球の旗
備考
1 過去からの弔鐘 Sins of the Fathers 1976 1987 田口俊樹 二見文庫
2 冬を怖れた女 In the Midst of Death 1976 1987 田口俊樹 二見文庫
3 一ドル銀貨の遺言 Time to Murder and Create 1977 1988 田口俊樹 二見文庫
4 暗闇にひと突き A Stab in the Dark 1981 1990 田口俊樹 早川書房
5 八百万の死にざま Eight Million Ways to Die 1982 1988 田口俊樹 早川書房 PWA賞最優秀長篇賞 映画「800万の死にざま」(1986)
6 聖なる酒場の挽歌 When the Sacred Ginmill Closes 1986 1986 田口俊樹 二見文庫
7 慈悲深い死 Out on the Cutting Edge 1989 1990 田口俊樹 二見文庫
8 墓場への切符 A Ticket to the Boneyard 1990 1995 田口俊樹 二見文庫
9 倒錯の舞踏 A Dance at the Slaughterhouse 1991 1999 田口俊樹 二見文庫 エドガー賞 長編賞
10 獣たちの墓 A Walk Among the Tombstones 1992 2000 田口俊樹 二見文庫 映画「誘拐の掟」(2014)
11 死者との誓い The Devil Knows You're Dead 1993 2002 田口俊樹 二見文庫 PWA賞最優秀長篇賞
12 死者の長い列 A Long Line of Dead Men 1994 2002 田口俊樹 二見文庫
13 処刑宣告 Even the Wicked 1996 2005 田口俊樹 二見文庫
14 皆殺し Everybody Dies 1998 2006 田口俊樹 二見文庫
15 死への祈り Hope to Die 2001 2006 田口俊樹 二見文庫
16 すべては死にゆく All the Flowers Are Dying 2005 2006 田口俊樹 二見書房
17 償いの報酬 A Drop of the Hard Stuff 2011 2015 田口俊樹 二見文庫

短編:

  • 窓から外へ Out the Window(1977)
  • バッグ・レディの死 Like a Lamb to Slaughter (A Candle for the Bag Lady)(1977)
  • 夜明けの光の中に By the Dawn's Early Light(1984) - MWA賞 最優秀短編賞、PWA賞最優秀短編賞
  • ブッチャーとのデート A Date with the Butcher(1989)
  • バットマンを救え Batman's Helpers(1990)
  • 慈悲深い死の天使 The Merciful Angel of Death(1993) - PWA賞最優秀短編賞
  • ダヴィデをさがして Looking for David(1997)
  • レッツ・ゲット・ロスト Let's Get Lost(2000)
  • 夜と音楽と The Night and the Music(2002)
  • おかしな考えを抱くとき A Moment of Wrong Thinking(2002)

泥棒バーニイ・シリーズ[編集]

長編:

  • 泥棒は選べない Burglars Can't Be Choosers(1977)
  • 泥棒はクロゼットのなか The Burglar in the Closet(1978)
  • 泥棒は詩を口ずさむ The Burglar Who Liked to Quote Kipling(1979) - ネロ・ウルフ賞受賞
  • 泥棒は哲学で解決する The Burglar Who Studied Spinoza(1980)
  • 泥棒は抽象画を描く The Burglar Who Painted LikeMondrian(1983)
  • 泥棒は野球カードを集める The Burglar Who Traded Ted Williams(1994)
  • 泥棒はボガートを夢見る The Burglar Who Thought He Was Bogart(1995)
  • 泥棒は図書室で推理する The Burglar in the Library(1997)
  • 泥棒はライ麦畑で追いかける The Burglar in the Rye(1999)
  • 泥棒は深夜に徘徊する The Burglar on the Prowl(2004)

短編:

  • 夜の泥棒のように Like a Thief in the Night(1983)
  • 泥棒はプレスリーを訪問する The Burglar Who Dropped In On Elvis(1990)
  • 泥棒は煙のにおいをかぎつける The Burglar Who Smelled Smoke(1997)

映画化:

快盗タナー・シリーズ[編集]

  • 快盗タナーは眠らない The Thief Who Couldn't Sleep(1966)
  • タナーと謎のナチ老人 The Canceled Czech(1966)
  • Tanner's Twelve Swingers(1967)
  • The Scoreless Thai (a.k.a. Two for Tanner)(1968)
  • Tanner's Tiger(1968)
  • Here Comes a Hero (a.k.a. Tanner's Virgin)(1968)
  • Me Tanner, You Jane(1970)
  • Tanner on Ice(1998)

殺し屋ケラー・シリーズ[編集]

  • 殺し屋 Hit Man(1998)- 連作短編集
    • 名前はソルジャー Answers to Soldier(1990)
    • ケラー、馬に乗る Keller on Horseback(1994)
    • ケラーの治療法 Keller's Therapy(1993)- MWA賞最優秀短編賞
    • 犬の散歩と鉢植えの世話、引き受けます Keller's Dog (Dogs Walked, Plants Watered)(1994)
    • ケラーのカルマ Keller's Karma(1995)
    • ケラー、光り輝く鎧を着る Keller in Shining Armor(1995)
    • ケラーの選択 Keller's Choice(1998)
    • ケラーの責任 Keller on the Spot(1997)- MWA賞最優秀短編賞
    • ケラーの最後の逃げ場 Keller's Last Refuge(1997)
    • ケラーの引退 Keller in Retirement(1998)
  • 殺しのリスト Hit List(2000)
  • 殺しのパレード Hit Parade(2006)
    • ケラーの指名打者 Keller's Designated Hitter(2001)
    • 鼻差のケラー Keller by a Nose(2006)
    • ケラーの適応能力 Keller's Adjustment(2005)
    • 先を見越したケラー Proactive Killer
    • ケラー・ザ・ドッグキラー Keller the Dogkiller(2008)
    • ケラーのダブルドリブル Keller's Double Dribble(2006)
    • ケラーの平生の起き伏し Quotidian Keller
    • ケラーの遺産 Keller's Legacy
    • ケラーとうさぎ Keller and the Rabbits(2003)
  • 殺し屋 最後の仕事 Hit and Run(2008)
  • 殺し屋ケラーの帰郷 Hit Me(2013)

その他長篇[編集]

  • 『緑のハートをもつ女』 The Girl with the Long Green Heart(1965)
  • 『危険な文通』 Ronald Rabbit is a Dirty Old Man(1971)
  • 『魔性の落とし子』 Ariel(1980)
  • 『盲目の預言者』 Random Walk(1988)
  • 『砕かれた街』 Small Town(2003)

短篇集[編集]

※各掲載作品一覧は右にある[表示]をクリック。

  • 『おかしなことを聞くね ローレンス・ブロック傑作集1 』 Sometimes They Bite(1983) 田口俊樹他訳 〈ハヤカワ文庫 1992年〉
  • 『バランスが肝心 ローレンス・ブロック傑作集2 』 Like a Lamb to Slaughter(1984) 田口俊樹訳 〈ハヤカワ文庫 1993年〉
  • 『夜明けの光の中に ローレンス・ブロック傑作集3 』 Some Days You Get the Bear(1993) 田口俊樹訳 〈ハヤカワ文庫 1994年〉
  • 『頭痛と悪夢 英米短編ミステリー名人選集〈4〉』 (日本オリジナル編集) 〈光文社文庫 1999年〉
  • 『やさしい小さな手 現代短篇の名手たち7 』 (日本オリジナル編集) 〈ハヤカワ文庫 2009年〉

外部リンク[編集]