ウエストワールド (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウエストワールド
Westworld (TV series) title logo.jpg
Title logo for Westworld
ジャンル
製作者
原作 マイケル・クライトンの『ウエストワールド
出演者
テーマ曲
作者
ラミン・ジャヴァディ
コンポーザー ラミン・ジャヴァディ
アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 2
話数 19
製作
製作総指揮
プロデューサー Athena Wickham
編集
  • Stephen Semel
  • Marc Jozefowicz
製作場所
撮影監督 ポール・キャメロン
放送時間 57–69 分
製作会社
番組販売会社 Warner Bros. Television Distribution
放送
放送局 HBO
映像 1080i (HDTV)
音声 Digital
放送期間 2016年10月2日 (2016-10-02) – present
外部リンク
ウェブサイト

ウエストワールド』は、アメリカ合衆国のSFスリラーテレビドラマシリーズ。製作はジョナサン・ノーランLisa Joy で、彼らはブライアン・バークJ・J・エイブラムスとともに製作総指揮も務める。放送局はHBOで、2016年から放映がスタートした。

概要[編集]

1973年の同名の映画『ウエストワールド』に基づいており、物語はハイテク技術に支えられた体験型テーマパーク"ウエストワールド"を舞台とする。ホストと呼ばれるアンドロイド達が再現された西部劇の街並みに暮らし、高額の入場料を払ったゲストたちは、ホストからの報復を恐れることなく自らの欲望のままに行動する。アンドロイド達は人間と見分けがつかないほど高度な技術に基づいて製造され、自意識も持つ。ゲストが来るたびに記憶はリセットされ、新たなシナリオに基づいて日常を繰り返す。だが現状に不満を持つパーク創設者が介入し、ホスト達は反乱を起こしてゲストやスタッフを惨殺し始める。ウエストワールドのほか、イギリス領インド帝国や日本の江戸時代をテーマにしたパークも登場する。

シーズン1は2016年に放送され、シーズン2は2018年に放送されている。日本ではスター・チャンネルが放送している。

登場人物[編集]

メイン[編集]

ロバート・フォード博士
演 - アンソニー・ホプキンス、日本語吹替 - 稲垣隆史
ウエストワールドを創設した天才科学者。
黒服の男
演 - エド・ハリス、日本語吹替 - 有本欽隆
黒服を着る謎の男。
ドロレス・アバーナシー
演 - エヴァン・レイチェル・ウッド、日本語吹替 - 種市桃子
自分の人生が嘘であることに気付く農場の娘のホスト。
テディ・フラッド
演 - ジェームズ・マースデン、日本語吹替 - 福田賢二
街を訪れる青年のホスト。
メイヴ・ミレイ
演 - タンディ・ニュートン、日本語吹替 - 藤貴子
娼館のマダムのホスト。
バーナード・ロウ
演 - ジェフリー・ライト、日本語吹替 - 辻親八
ウエストワールドのプログラム責任者でエルシーの上司。
ウィリアム
演 - ジミ・シンプソン、日本語吹替 - 川田紳司
初めての来園者でローガンの姉妹の恋人。
アシュリー・スタッブス
演 - ルーク・ヘムズワース、日本語吹替 -
ウエストワールドの保安責任者。
テレサ・カレン
演 - シセ・バベット・クヌッセン英語版、日本語吹替 - 塩田朋子
ウエストワールドのオペレーション責任者。
ローガン・デロス
演 - ベン・バーンズ、日本語吹替 - 玉木雅士
リピーターのゲストでウィリアムの友人。
アーミスティス
演 - イングリッド・ボルソ・バーダル英語版、日本語吹替 -
無法者のホスト。
エルシー・ヒューズ
演 - シャノン・ウッドワード英語版、日本語吹替 - まつだ志緒理
ウエストワールドのプログラマー。
クレメンタイン・ペニーフェザー
演 - アンジェラ・サラフィアン英語版、日本語吹替 - 森なな子
娼婦のホスト。
シャーロット・ヘイル
演 - テッサ・トンプソン、日本語吹替 - 村中知
ウエストワールドの親会社の重役。
ヘクター
演 - ロドリゴ・サントロ、日本語吹替 -
お尋ね者のホスト。
リー・サイズモア
演 - サイモン・クォーターメイン英語版、日本語吹替 - 白石充
ウエストワールドのシナリオ責任者。
ローレンス/エル・ラッソ
演 - クリフトン・コリンズ・Jr、日本語吹替 -
無法者のホスト。
カール・ストランド
演 - グスタフ・スカルスガルド
パークの親会社デロス社の警備責任者 (S2)
ピーター・アバーナシー
演 - ルイス・ハーザム英語版、日本語吹替 - 谷昌樹
ドロレスの父親のホスト (S2からメイン)
アンジェラ
演 - タルラ・ライリー
パークの受付のホスト (S2からメイン)
エミリー
演 - Katja Herbers
イギリス領インド帝国のテーマパークのゲスト
アキーチタ
演 - ザーン・マクラーノン英語版
ネイティブ・アメリカンのホスト (S2)

リカーリング[編集]

アーノルド
演 - ジェフリー・ライト
フォードと並ぶパーク共同創設者
フェリックス
演 - レオナルド・ナム
パークの技術スタッフ
シルベスター
演 - Ptolemy Slocum
パークの技術スタッフ
クラドック少佐
演 - ジョナサン・タッカー
南軍残党の指揮官 (S2)
ジェームズ・デロス
演 - ピーター・マラン
デロス社の経営者 (S2)
ジュリエット
演 - セーラ・ウォード
ウィリアムの妻でジェームズ・デロスの娘。(S2)
ムサシ
演 - 真田広之
ショーグン・ワールドのホスト、元将軍配下の組頭で現在は浪人 (S2)
アカネ
演 - 菊地凛子
ショーグン・ワールドのホスト、元芸者で現在は置屋の女将 (S2)
ハナリョウ
演 - TAO
ショーグン・ワールドのホスト、ムサシの配下で弓の名手 (S2)
サクラ
演 - 祐真キキ
ショーグン・ワールドのホスト、アカネの養女の芸者(S2)
将軍
演 - 篠塚勝
ショーグン・ワールドのホスト、将軍(S2)
コハナ
演 - ジュリア・ジョーンズ英語版
アキーチタの伴侶であるホスト (S2)

あらすじ[編集]

シーズン1のあらすじ[編集]

時系列の異なる複数のプロットが、巨大なテーマパーク「ウエストワールド」で西部劇の世界の住人の役をこなすアンドロイドであるホスト、高額の料金を払って来場したゲスト、そしてテーマパークのスタッフの視点から描かれる。美しい農場の娘役のドロレス、そのボーイフレンドのテディ、そして娼館のマダムのメイヴはゲストたちに暴行され、傷つけられ、殺され、修復され記憶をリセットされて何度も同じシナリオを繰り返すうちに、自分たちの世界の異常さに気付き始める。謎の黒服の男はドロレスやテディと関わり、ホストを殺して体内から謎の迷路を集める。ウィリアムは友人に誘われて初めてウエストワールドに来て、ドロレスと出会い恋に落ちる。一方、テーマパークの外ではスタッフたちがホスト達の異変に気付き、対応に追われる。親会社デロス社の経営陣と運営方針をめぐって争うテーマパーク創設者のフォード博士は、密かにホストの反乱を企てる。デロス社からはシャーロットが送り込まれてくる。プログラム責任者のバーナードは、実はフォード博士のかつての同僚のアーノルドに基づいて作られたアンドロイドであり、黒服の男は、年月を経たウィリアムであることが分かる。やがてホスト達の反乱が始まり、フォード博士も殺される。

シーズン2のあらすじ[編集]

引き続き、時系列の異なる複数のプロットが描かれる。若いころのウィリアムはローガンの父で富豪のジェームズ・デロスの娘と結婚し、義父からウエストワールドの経営を任される。現在、老いたウィリアムは黒服の男としてウエストワールド内でフォード博士とゲームを戦う。ドロレスはホストたちを率いて反乱を起こし、ゲストやスタッフたちを惨殺し続ける。メイヴは協力するスタッフたちとともに娘を探し、ウエストワールドとショーグンワールドをさまよう。シャーロットはデロス社の応援とともに、反乱を制圧してパークの秩序を取り戻そうとする。バーナードは、死んだはずのフォード博士に干渉されながら、テーマパークの秘密を掘り起こしていく。

エピソード[編集]

シーズン1 (2016)[編集]

アメリカでは2016年10月2日からシーズン1(The Maze)が放送され、日本ではスター・チャンネルが2016年10月13日からシーズン1を放送した[1]

通算
話数
シーズン
話数
タイトル 監督 脚本 放送日 U.S. 視聴者数
(百万人)
1 1 "目覚め"
"The Original"
ジョナサン・ノーラン ジョナサン・ノーラン & Lisa Joy 2016年10月2日 (2016-10-02) 1.96[2]
プログラムのアップデートの影響か、複数のホストが誤動作を起こす。謎の黒服の男はホストの攻撃に傷つかず、ドロレスをレイプし、男の頭皮を剥いで迷路を手にする。ドロレスの父役のホストのピーターは妙な様子を見せ、ドロレスは知り合いのテディの助けを求めるが、テディは殺される。ピーターはドロレスに、この世界はおかしいと話す。ピーターはロバートに復讐を誓い、誤動作を起こした他のホストとともに休眠させられる。ドロレスはスタッフに、自分は幸せであり、生き物を殺したりしないという。だが新しい父親ホストと一日を始めたドロレスは、無意識にハエを殺す。
2 2 "迷路"
"Chestnut"
Richard J. Lewis ジョナサン・ノーラン & Lisa Joy 2016年10月9日 (2016-10-09) 1.50[3]

ウィリアムは友人のローガンに連れられて初めてウエストワールドに来る。


黒服の男はローレンスを絞首刑の瀬戸際から救うが、友人と家族を殺して脅し、"迷路"の情報を求める。ドロレスとメイヴはともにフラッシュバックを見る。バーナードとエルシーは二人を検査して問題を突き止めようとする。メイヴは撃たれ、修理中に目覚めてパーク内をさまよう。リーは新しいシナリオを導入しようとするが、フォードが却下する。
3 3 "アーノルド"
"The Stray"
ニール・マーシャル Lisa Joy & Daniel T. Thomsen 2016年10月16日 (2016-10-16) 2.10[4]

ウィリアムはローガンと賞金稼ぎの旅に出る。ドロレスはテディに射撃を教わろうとするが、引き金を引くことができない。テディは無法者を追跡する一団に加わり、無法者と対決するが、テディの銃には効果がない。無法者のホストがドロレスを小屋に連れ込んでレイプしようとする。無法者が黒服の男に見えた時、ドロレスは発砲することができて無法者を殺す。ドロレスはさまよい、ウィリアムとローガンのキャンプに来てウィリアムの腕の中に倒れこむ。


エルシーは、ウォルターがアーノルドという存在しない人物に話しかけ、かつて自分を殺したホストを殺したことに気づく。フォードはバーナードに、アーノルドはかつてホストに自意識を与えようとした、亡くなった仕事仲間だと話す。家に帰ったドロレスは父親が殺されたことを知る。エルシーとアシュリーは、放浪するホストを見つけるが、ホストは二人を襲いかけたあと自殺する。
4 4 "記憶の破片"
"Dissonance Theory"
ヴィンチェンゾ・ナタリ Ed Brubaker & ジョナサン・ノーラン 2016年10月23日 (2016-10-23) 1.70[5]

ウィリアムはドロレスに魅かれ、気ままに暴力を楽しむローガンとは別行動をとる。


黒服の男は、全身に蛇の刺青のあるアーミスティスに会う。ヘクターを脱獄させた見返りに、アーミスティスが復讐のためにワイアットを追っていることを聞き出す。さらに、木に吊るされていたテディを見つけて助け出す。メイヴは、撃たれて防護服の男たちから手術を受けたことを思い出す。街を襲ったヘクターに、傷一つない自分の腹から弾丸を摘出させる。テレサはバーナードとエルシーから調査権を取り上げる。フォードに会うが、干渉するなと警告される。
5 5 "逃避行"
"Contrapasso"
Jonny Campbell Lisa Joy & Dominic Mitchell 2016年10月30日 (2016-10-30) 1.49[6]

ローガン、ウィリアム、ドロレスはギャングの首領のエル・ラゾに会う。3人は軍から爆薬を盗み、エル・ラゾは爆薬の偽物を南軍の残党に売る。ドロレスは迷路を探すことを促す幻視を見る。偽物に気付いた残党はローガンを捕える。ウィリアムとドロレスは逃げ、ドロレスは残党の追手を殺す。二人と合流したエル・ラゾは自分の名がローレンスであると明かす。


ドロレスは、アーノルドからウエストワールドを破壊する手助けを頼まれたとフォードに語る。黒服の男はローレンスを殺し、その血をテディに輸血する。フォードは二人に会い、迷路探しを邪魔するつもりはないと黒服の男に語る。エルシーは、放浪していたホストがウエストワールドの外にデータを発信していたことを発見する。メイヴは処置室で目覚め、話をしたいとスタッフに語りかける。
6 6 "スパイの正体"
"The Adversary"
フレッド・トーイ Halley Gross & ジョナサン・ノーラン 2016年11月6日 (2016-11-06) 1.64[7]
黒服の男とテディはワイアットを探して旅を続ける。北軍のキャンプに来るが、テディはかつてワイアットとともに大虐殺を行った男だと見咎められて、兵士を皆殺しにする。フォードの干渉で嫌気がさしたリーは酔ってコントロールルームに放尿する。重役会からシャーロット・ヘイルが監視役として送られてくる。テレサはバーナードとの関係を終わらせる。バーナードは、フォードが第一世代のホストの家族を隠していたことを知る。エルシーは、テレサがデータを外部に発信していたこと、第一世代のホストがアーノルドによって再プログラミングされていたことを調べ上げてバーナードに伝えるが、何者かに襲われる。子供のホストが犬を殺し、アーノルドに命令されたとフォードに明かす。メイヴはパークの外部を見て回り、スタッフを脅迫して自分の知性レベルを最高レベルに変更させる。何者かがメイヴの設定を既にいじっていたことが分かる。
7 7 "だまし絵"
"Trompe L'Oeil"
フレッド・トーイ Halley Gross & ジョナサン・ノーラン 2016年11月13日 (2016-11-13) 1.75[8]

ウィリアムとドロレスは愛を交わすが、列車が南軍の残党に襲われ、2人はネイティブ・アメリカンの襲撃の隙に逃げる。


シャーロットとテレサはフォードを引退させようと謀り、クレメンティンを用いてホストが制御不可能で暴力的になっていることを実証し、バーナードに責任を押し付けて解雇する。知性を増したメイヴはクレメンティンがスタッフに回収されるところを見て、パークから逃げ出そうとする。バーナードに連れて行かれた秘密の研究室で、テレサはバーナードがホストであると知る。そこにフォードが現れ、バーナードに命じてテレサを殺す。
8 8 "遠い夢"
"Trace Decay"
スティーヴン・ウィリアムズ Charles Yu & Lisa Joy 2016年11月20日 (2016-11-20) 1.78[9]

ウィリアムとドロレスは目的地に着くが、ドロレスは混乱した幻視を見て、自分が記憶を保つことをアーノルドが望んでいると知る。二人はローガン率いる南軍の残党に捕えられる。


フォードはバーナードに命じてテレサが事故死したように偽装する。テレサを失ったシャーロットはリーを仲間に引き入れてウエストワールドからデータを運び出す手伝いをさせようとする。メイヴはスタッフのフェリックスに命じて他のホストをコントロールする能力を手に入れ、自分を殺そうとしたシルベスターの喉を切り裂き、フェリックスに治療させる。メイヴは娘を黒服の男に殺された幻視に悩まされ、スタッフが回収する。テディは黒服の男がドロレスを襲ったフラッシュバックを見て黒服の男を尋問する。黒服の男は自分の目的を見つけるために来たとテディに話すが、二人はワイアットの手下の狂信者たちに捕まる。
9 9 "蛇の道は蛇"
"The Well-Tempered Clavier"
ミシェル・マクラーレン Dan Dietz & Katherine Lingenfelter 2016年11月27日 (2016-11-27) 2.09[10]

ローガンはドロレスがホストであることを見せつけるために腹を裂いてウィリアムに見せる。ドロレスは逃げ、腹の傷が消えたことに気づく。ウィリアムは南軍の残党を皆殺しにし、ローガンを脅してドロレスを探す手伝いをさせる。


メイヴはバーナードがホストであることを明らかにし、ヘクターに会ってウエストワールドを脱走する手助けをさせる。バーナードはフォードに強いて自分の記憶を取り戻し、自分がアーノルドに基づいていることを知る。テディはアンジェラを殺したフラッシュバックを見た後、アンジェラに殺される。シャーロットは黒服の男と話し、フォードを排除する協力を求める。エルシーの失踪を調べようとした保安責任者のアシュレーはネイティブ・アメリカンに襲撃される。ドロレスは無人の町に来て、アーノルドを殺した幻視を見る。バーナードはフォードに反抗しようとするが、フォードはバックドアを使ってバーナードに自殺を強いる。
10 10 "アダムの創造"
"The Bicameral Mind"
ジョナサン・ノーラン ジョナサン・ノーラン & Lisa Joy 2016年12月4日 (2016-12-04) 2.24[11]
黒服の男は自分が年をとったウィリアムであることをドロレスに告げる。ドロレスは、アーノルドにパークを破壊するよう命じられたこと、自分がワイアットであることを思い出す。ドロレスはテディに救われ逃げ、浜辺でテディの腕の中で死ぬが、これはフォードのシナリオであることが明らかにされる。メイヴはヘクターとアーミスティスとともにパークから逃げ出そうとする。途中でバーナードの体を見つけ、フェリックスが修理する。ヘクターとアーミスティスが警備員と戦う間、メイヴはパークを逃げ出そうとする。だが列車に乗る直前に、娘を探すためパークにとどまることにする。パークで、ドロレスとバーナードはフォードを問い詰める。フォードはホスト達を自由にするため、ホストの反乱の準備をしてきたという。フォードは黒服の男と経営陣を集めて彼らを非難する。ホストの群れが森の中から現れて経営陣を襲い、ドロレスはフォードを撃ち殺す。

シーズン2 (2018)[編集]

2016年11月14日にシーズン2(The Door)の制作が発表され[12]、アメリカでは2018年4月22日に放送開始された。日本では2018年5月24日よりスターチャンネルで放送される予定である。シーズン2は「ウエストワールド」と並ぶテーマパークである「ショーグン・ワールド」やイギリス領インド帝国のテーマパークも登場する。「ショーグン・ワールド」のエピソードはほとんど日本語で描かれ、江戸時代からのインスピレーションと黒澤明千葉真一の映画作品がテーマパークの雰囲気やデザインに大きく影響を与え、全くの異次元に紛れ込んだような内容となっている[13][14]

通算
話数
シーズン
話数
タイトル 監督 脚本 放送日 製作
番号
U.S. 視聴者数
(百万人)
11 1
"Journey into Night"
Richard J. Lewis Lisa Joy & Roberto Patino 2018年4月22日 (2018-04-22) 201 2.10[15]

ドロレスによる虐殺を生き延びたバーナードとシャーロットは秘密の地下壕に隠れる。シャーロットはデロス社に連絡するが、ドロレスの父のホストであるピーター・アバナーシーを見つけなければ救援しないと通告される。ドロレスはテディ、クレメンタイン、アンジェラらとともに、生き残った経営陣を掃討する。黒服の男ウィリアムは生き延び、少年のころのフォードの姿のホストに会い、ウィリアムのための新しいゲームが始まったと聞く。パークの裏側ではスタッフがホストに虐殺され、メイヴはヘクターとリーの助けを得て娘を探す。


2週間後、バーナードはデロス社の警備チームに見つけられる。チームは多数の死んだホストを見つけ、バーナードは自分が殺したと言う。
12 2
"Reunion"
ヴィンチェンゾ・ナタリ Carly Wray & ジョナサン・ノーラン 2018年4月29日 (2018-04-29) 202 1.85[16]

フラッシュバックで、アーノルドはドロレスを含む多数のホストをパーク外に連れ出し、ローガンに見せてパークへの出資を求める。ウィリアムはローガンの父のジェームズとともにパークを訪れ、ゲストの心を探るのに適した場所だと売り込む。ジェームズはパークを購入し、不仲の息子ではなくウィリアムを後継者に指名する。


ドロレスはテディをパークの修理センターに連れ出して、彼がホストであることを教える。南軍の残党のホストを殺した後に蘇らせて手下とし、人間に対抗する武器を探す。ウィリアムはローレンスを救い、仲間を増やすためにエル・ラッソを演じるホストに会う。エル・ラッソは、ゲームは一人でプレーしなければならないとのフォードのメッセージを伝えた後、手下と共に自殺する。
13 3
"Virtù e Fortuna"
Richard J. Lewis Roberto Patino & Ron Fitzgerald 2018年5月6日 (2018-05-06) 203 1.63[17]

フラッシュバックで、イギリス領インド帝国を再現したパークのゲストのエミリーはホストに襲われてウエストワールドに逃げこみ、ネイティブ・アメリカンのホストに襲われる。


バーナードとシャーロットはピーターを見つけるが、バーナードは南軍残党につかまり、逃げたシャーロットはデロス社警備チームに合流する。南軍残党のクラドック少佐の協力を得ていたドロレスは父の故障を知り、バーナードに調査させる。バーナードはピーターが何者かに追跡されていることを知る。デロス社警備チームは南軍残党を襲い、シャーロットがピーターを回収する。メイヴ、ヘクター、リーはネイティブ・アメリカンに襲われてコントロール・センターに逃げ、アーミスティス、フェリックス、シルベスターに再会する。6人はパークに再入場するが、侍の集団に襲われる。


2週間後、デロス社警備チームに連れられたバーナードはシャーロットに再会する。
14 4
"The Riddle of the Sphinx"
Lisa Joy Gina Atwater & ジョナサン・ノーラン 2018年5月13日 (2018-05-13) 204 1.59[18]

フラッシュバックで、ウィリアムは死んだジェームズ・デロスの意識をホストの体に移そうと何度も試みるが不安定になり失敗する。ローガンもウィリアムの妻も死んでいることがわかる。149回目の失敗の後、老いたウィリアムは試みを放棄する。


クレメンタインはバーナードを洞窟の前に置き去りにする。バーナードは洞窟の中で、自分が襲って意識を失わせたエルシーを拘束から開放する。バーナードは自分がホストであることを明らかにし、過去の記憶の断片と現在が交差する中で洞窟の奥の施設にエルシーとともに入り、自分の機能不全を復旧してもらう。施設にはスタッフと骨格だけのホストの死体が散らばる。エルシーは奥の部屋の中で、機能不全のジェームズ・デロスのホストを見つけ、焼却する。バーナードは自分の命令で、骨格だけのホストにスタッフを殺させた後、自殺させたことを思い出すが、エルシーには秘密にする。ウィリアムとローレンスは人手を求めてローレンスの故郷の町に来る。町ではテディの見逃したクラドック少佐と南軍残党がローレンスの妻子を含む住民を人質に取り、武器の供出を求める。ウィリアムは油断をついてクラドックの仲間を殺す。ローレンスの娘の口を借りてフォードがウィリアムに話しかける。ウィリアム、ローレンス、その親族の男たちは町を出る。エミリーが馬に乗って現れウィリアムを父親と呼ぶ。


イギリス領インド帝国テーマパークから逃げてきたエミリーはネイティブ・アメリカンに囚われてアシュリーに会う。囚われのホストたちが犠牲に捧げられようとしたときエミリーは逃げ出す。
15 5
"Akane No Mai"
Craig Zobel Dan Dietz 2018年5月20日 (2018-05-20) 205 1.55[19]
ドロレスは善良過ぎるテディの処遇に悩んだあと、強制的に再プログラムする。メイヴら6人はムサシの率いる侍のグループに捕えられ、江戸時代をモデルとし、ウエストワールドとどこか似ているがさらに刺激的なショーグン・ワールドに連れてこられる。6人は町でメイヴと同様の立場にある芸者屋の女将アカネに会う。将軍は名高い踊り子でアカネの養女のサクラを渡すよう強要する。アカネが拒否して将軍の使者を殺すと、将軍は忍者を送り込んでサクラを連れ去り、兵を町に送り込んで制圧しようとする。リーは将軍がシナリオから逸脱していることに気づく。メイヴは無言で忍者に命令して自殺させることに成功する。メイヴ、アカネ、リー、フェリックスはサクラを救出するため、将軍の陣に入り込む。将軍は損傷しており、兵たちの耳は陰陽師と呼ばれるメイヴの命令を聞けないよう潰されている。メイヴはサクラを見て自分の娘を思い出す。サクラを殺されたアカネは将軍を殺して復習し、メイヴは無言のまま将軍の兵に命じて同士討ちさせる。だが将軍の兵が取り囲む。
16 6 "Phase Space" Tarik Saleh Carly Wray 2018年5月27日 (2018-05-27) 206 1.11[20]
17 7 "Les Écorchés" Nicole Kassell Jordan Goldberg & Ron Fitzgerald 2018年6月3日 (2018-06-03) 207 1.39[21]
18 8 "Kitsuya" Uta Briesewitz Carly Wray & Dan Dietz 2018年6月10日 (2018-06-10) 208 1.44[22]
19 9 "Vanishing Point" スティーヴン・ウィリアムズ Roberto Patino 2018年6月17日 (2018-06-17) 209 1.56[23]
20 10 "The Passenger"[24] フレッド・トーイ[25] 未定 2018年6月24日 (2018-06-24) 210 TBD

製作[編集]

製作準備[編集]

Michael Crichton
映画『ウエストワールド』を監督・脚本したマイケル・クライトン

ワーナー・ブラザースは1990年代初頭から映画『ウエストワールド』のリメイクを検討していた[26]。だが映画化にはつながらず2013年8月31日にケーブル局HBOがドラマシリーズのパイロット版を発注し、ジョナサン・ノーランが監督し、脚本をLisa Joyが共同で書くことが発表された。二人に加えてブライアン・バークJ・J・エイブラムスが製作総指揮となった.[27]

2014年11月17日、HBOは『ウエストワールド』がドラマシリーズとして採用され、2015年に放送されると発表した[28]。2015年8月には最初の予告編が公開され、放送は2016になるとされた[29]マイケル・クライトン原作に基づくドラマシリーズとしては、1980にCBSで放送され、3エピソードの放送だけで打ち切りとなった『Beyond Westworld』に続き、2作目となった[30]

OPは、以前にHBOの『ROME[ローマ]』、『Carnivàle』、『ゲーム・オブ・スローンズ』のOPも製作したElasticが製作した[31][32]

予算[編集]

Hollywood Reporterによれば、10エピソードの本シリーズの予算は1億ドルとなり、わずか1シーズンで打ち切りとなったHBOのドラマシリーズ『Vinyl』と同額である。パイロット版だけでも2500万ドルを要し、1エピソードあたりのコストは800万ドルから1000万ドルとされる。 HBOはワーナー・ブラザースに未公表ではあるが巨額の権利料を払っているとされるが、制作費は両者がほぼ均等に分けあう[33]

キャスティング[編集]

アンソニー・ホプキンスエヴァン・レイチェル・ウッドのキャスティングがまず発表された[34]。2014年8月には、ジェフリー・ライトイングリッド・ボルソ・バーダル英語版など他のキャストが発表された[35]。さらにジェームズ・マースデンらが加わった[36]エド・ハリスは"黒服の男"と呼ばれる悪役として加わった [37]。さらにその他の配役も発表された[38][39][40][41]

撮影[編集]

パイロット版の撮影は2014年8月にロサンゼルス周辺で行われた[42]。そのたカリフォルニア各地で撮影が行われた[43]。そのほかにユタ州でも撮影が行われた[43][44]

音楽[編集]

音楽はラミン・ジャヴァディが担当した。ジャヴァディは以前ノーラン製作の『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』の音楽を担当している[45]


受賞[編集]

第69回クリエイティブアーツ・エミー賞ではOutstanding Creative Achievement in Interactive Media within a Scripted Program、ヘアスタイリング賞、メークアップ賞、音響効果賞、特殊効果賞の5部門で受賞した。

参照[編集]

  1. ^ J.J.エイブラムス製作総指揮「ウエストワールド」テレビドラマ版が放送スタート”. ナタリー (ニュースサイト) (2016年8月27日). 2016年10月13日閲覧。
  2. ^ Porter, Rick (2016年10月3日). “‘Westworld’ opens pretty well for HBO”. TV by the Numbers. 2016年10月4日閲覧。
  3. ^ Porter, Rick (2016年10月11日). “Sunday cable ratings: Debate pushes ‘Westworld’ and ‘Shameless’ down”. TV by the Numbers. 2016年10月11日閲覧。
  4. ^ Porter, Rick (2016年10月18日). “Sunday cable ratings: ‘Westworld’ improves, Dodgers-Cubs leads”. TV by the Numbers. 2016年10月18日閲覧。
  5. ^ Porter, Rick (2016年10月25日). “Sunday cable ratings: ‘The Walking Dead’ premiere kills it with second-highest ratings ever”. TV by the Numbers. 2016年10月25日閲覧。
  6. ^ Porter, Rick (2016年11月1日). “Sunday cable ratings: ‘The Walking Dead’ takes a bigger-than-usual hit in episode 2”. TV by the Numbers. 2016年11月1日閲覧。
  7. ^ Porter, Rick (2016年11月8日). “Sunday cable ratings: ‘Walking Dead’ down but stays on top, ‘Real Housewives of Atlanta’ returns lower”. TV by the Numbers. 2016年11月8日閲覧。
  8. ^ Porter, Rick (2016年11月15日). “Sunday cable ratings: ‘Westworld’ ticks up as ‘Walking Dead’ slips a little more”. TV by the Numbers. 2016年11月15日閲覧。
  9. ^ Porter, Rick (2016年11月22日). “Sunday cable ratings: ‘The Librarians’ returns slightly lower, ‘Walking Dead’ dips a bit more”. TV by the Numbers. 2016年11月22日閲覧。
  10. ^ Porter, Rick (2016年11月30日). “Sunday cable ratings: ‘The Walking Dead’ hits a 4-year low”. TV by the Numbers. 2016年11月30日閲覧。
  11. ^ Porter, Rick (2016年12月6日). “Sunday cable ratings: ‘Westworld’ ends with season highs, ‘Walking Dead’ stops 5-week slide”. TV by the Numbers. 2016年12月6日閲覧。
  12. ^ Andreeva, Nellie (2016年11月14日). “‘Westworld’, ‘Divorce’ & ‘Insecure’ Renewed For Season 2 By HBO”. Deadline.com. 2016年11月14日閲覧。
  13. ^ 『ウェストワールド』シーズン2:ショーグン・ワールドのエピソードは日本語で描かれる”. IGN Japan. 映画・ドラマ. 産経デジタル (2018年4月12日). 2018年4月19日閲覧。
  14. ^ Westworld creators break silence on 'spectacular' Shogun World plans” (英語). エンターテインメント・ウィークリー. TV. タイム・ワーナー (2018年4月12日). 2018年4月19日閲覧。
  15. ^ Porter, Rick (2018年4月23日). “Sunday cable ratings: ‘Westworld’ Season 2 opens on par with series debut”. TV by the Numbers. 2018年4月23日閲覧。
  16. ^ Porter, Rick (2018年5月1日). “Sunday cable ratings: ‘Westworld’ and ‘Fear the Walking Dead’ dip”. TV by the Numbers. 2018年5月1日閲覧。
  17. ^ Porter, Rick (2018年5月8日). “Sunday cable ratings: ‘Westworld,’ ‘Silicon Valley,’ ‘Fear the Walking Dead’ all dip”. TV by the Numbers. 2018年5月8日閲覧。
  18. ^ Porter, Rick (2018年5月15日). “Sunday cable ratings: Lifetime's 'Harry & Meghan' movie performs well”. TV by the Numbers. 2018年5月15日閲覧。
  19. ^ Porter, Rick (2018年5月22日). “Sunday cable ratings: ‘Fear the Walking Dead’ dips opposite NBA Playoffs”. TV by the Numbers. 2018年5月22日閲覧。
  20. ^ Porter, Rick (2018年5月30日). “Sunday cable ratings: ESPN gets huge numbers for Cavaliers-Celtics Game 7”. TV by the Numbers. 2018年5月30日閲覧。
  21. ^ Porter, Rick (2018年6月5日). “Sunday cable ratings: ‘Westworld’ rebounds a little, ‘Pose’ and ‘Succession’ start slowly”. TV by the Numbers. 2018年6月5日閲覧。
  22. ^ Porter, Rick (2018年6月12日). “Sunday cable ratings: ‘Fear the Walking Dead’ rises, ‘Claws’ premieres well”. TV by the Numbers. 2018年6月12日閲覧。
  23. ^ Porter, Rick (2018年6月19日). “Sunday cable ratings: World Cup scores big for FS1”. TV by the Numbers. 2018年6月19日閲覧。
  24. ^ Westworld 20: The Passenger”. HBO. 2018年5月3日閲覧。
  25. ^ BFI Southbank to host World Premiere of the feature length finale of Westworld Season 2”. BFI. 2018年5月7日閲覧。
  26. ^ Kit, Borys (2011年1月19日). “EXCLUSIVE: 'Lethal Weapon,' 'Wild Bunch' Reboots Revived After Warner Bros. Exec Shuffle”. The Hollywood Reporter. 2014年7月23日閲覧。
  27. ^ Gelman, Vlada (2013年8月31日). “HBO Greenlights Sci-Fi Pilot Westworld From J.J. Abrams and Jonathan Nolan”. TVLine. 2014年7月23日閲覧。
  28. ^ Hibberd, James (2014年11月17日). “'Westworld' gets HBO series order”. Entertainment Weekly. 2014年11月18日閲覧。
  29. ^ Stedman, Alex (2015年8月9日). “Watch: First Teaser for HBO’s ‘Westworld’”. Variety. 2015年8月10日閲覧。
  30. ^ Gibson, Brody (2013年9月3日). “Abrams And Nolan Team Up For Westworld HBO Pilot”. Boomtron. 2014年7月23日閲覧。
  31. ^ Westworld”. Elastic. 2016年10月3日閲覧。
  32. ^ Opening Credits for HBO’s ‘Westworld’ Released Online (Video)”. Culturess (2016年10月3日). 2016年10月3日閲覧。
  33. ^ Goldberg, Lesley (2016年10月1日). “HBO's 'Westworld,' With $100 Million Pricetag, Faces Huge Expectations”. The Hollywood Reporter. 2016年10月2日閲覧。
  34. ^ Goldberg, Lesley (2014年7月22日). “Anthony Hopkins, Evan Rachel Wood to Star in HBO's 'Westworld'”. The Hollywood Reporter. 2014年7月23日閲覧。
  35. ^ Hibberd, James (2014年8月6日). “'Hunger Games,' 'Raising Hope' actors join HBO's 'Westworld'”. Entertainment Weekly. 2014年8月9日閲覧。
  36. ^ Johns, Nikara (2014年8月8日). “James Marsden Joins HBO's 'Westworld'”. Variety. 2014年8月9日閲覧。
  37. ^ Goldberg, Lesley (2014年8月11日). “Ed Harris Set as Key Villain in HBO's 'Westworld'”. The Hollywood Reporter. 2014年8月12日閲覧。
  38. ^ Noonan, Kevin (2014年8月13日). “Thandie Newton Joins HBO's 'Westworld'”. Variety. 2014年8月14日閲覧。
  39. ^ 'Looking' Actor Ptolemy Slocum Joins HBO's 'Westworld' (Exclusive)”. The Wrap (2014年8月11日). 2014年8月18日閲覧。
  40. ^ James Marsden to Star in HBO's 'Westworld'”. The Hollywood Reporter (2014年8月8日). 2014年8月12日閲覧。
  41. ^ Ausiello, Michael (2014年8月15日). “HBO's Westworld Snags Miranda Otto”. TVLine. 2014年8月16日閲覧。
  42. ^ Goldberg, Lesley (2014年8月29日). “How HBO's 'Westworld' Became TV's Hottest Project”. The Hollywood Reporter. 2014年9月17日閲覧。
  43. ^ a b Otterson, Joe (2016年10月3日). “Where Was ‘Westworld’ Filmed? Your Guide to the Dizzying Locations (Photos)”. The Wrap. 2016年10月4日閲覧。
  44. ^ Pierce, Scott D. (2016年9月30日). “Southern Utah landscapes star in HBO’s ‘Westworld’”. The Salt Lake Tribune. 2016年10月4日閲覧。
  45. ^ “Ramin Djawadi to Score HBO’s ‘Westworld’”. Film Music Reporter. (2014年12月29日). http://filmmusicreporter.com/2014/12/29/ramin-djawadi-to-score-hbos-westworld/ 2014年12月29日閲覧。 

外部リンク[編集]