甘味果実酒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

甘味果実酒(かんみかじつしゅ)とは、果実酒ワインなど)の発酵過程の途中でブランデーなどの蒸留酒を添加し、エタノールの濃度を上げることにより酵母を殺して発酵を止め、それ以上酵母によって糖分が分解されないようにすることで、糖分を比較的多く残すという方法によって、甘味を持つように製造された混成酒である。日本の酒税法上のカテゴリーであり、一般的には、ポートワイン、シェリー、マデイラ、マルサラなどは「酒精強化ワイン」と呼ばれる。

ただし「甘味果実酒」と名乗っているが、ベルモットのようにハーブなどを加えることにより、必ずしも甘くない(苦い)ものもある。

代表的な甘味果実酒[編集]

関連項目[編集]