ベルモット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノイリー・プラットのドライ・ベルモット

ベルモットまたはヴェルムト(Vermut、Vermouth)とは、白ワインを主体とし、ニガヨモギ[1]などの香草スパイスを配合して作られるフレーバードワインである。日本においては酒税法上、「果実酒」ではなく「甘味果実酒」として取り扱われる。主に食前酒として飲まれるほか、カクテルの材料や料理に使われる。イタリア発祥のスイート・ベルモットとフランス発祥のドライ・ベルモットとがある。英語での発音は「ヴァームース」に近い。

スイート・ベルモット
甘口(sweet)のベルモットである。イタリアのピエモンテ地方等で主に作られていたため イタリアン・ベルモット(Italian Vermouth)とも呼ばれる。ドライ・ベルモットと比べるとハーブの風味が強く、多くはカラメルで着色してあるために淡褐色を示す。チンザノ(Cinzano)社マルティーニ(Martini)社製のものが有名である。カクテル「マンハッタン」に使用される。
ドライ・ベルモット
辛口(dry)のベルモットである。主にフランスで製造されたためフレンチ・ベルモット(French Vermouth)とも呼ばれる。ノイリー・プラット(Noilly Prat)が有名である。ドライ・ベルモットによるカクテル「マティーニ」が有名である.

脚注[編集]

  1. ^ ベルモットという名称はドイツ語のwermut(ニガヨモギ)に由来する。

参考文献[編集]

  • トビアス・スティード ベン・リード著/永井二菜 有限会社リンガフランカ訳『HOLLYWOOD COCKTAILS』グラフィック社 2000年

関連項目[編集]