合成清酒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

合成清酒(ごうせいせいしゅ)とは、アルコール糖類有機酸アミノ酸などを加えて、清酒のような風味にしたアルコール飲料(いわゆるお酒)である。現在は風味付けのために、醸造された日本酒の成分も数%混入されている場合が多い。

清酒に比べて酒税の税率が低いので価格が安いことから、現在も清酒の代用として普及しており、また料理酒としてもよく使われている。

なお日本では、酒税法上合成清酒のアルコール度数は「16度未満」であることが求められる(酒税法第3条8項)[1]

歴史[編集]

1918年に起きた米騒動をうけて、理化学研究所鈴木梅太郎らが将来の食糧難における対策という視点から研究に着手した。 1922年に製造法の特許を取得し、翌年には大和醸造から「新進」という銘柄で製品が発売された。その後、醸造研究所の黒野勘六東京帝国大学高橋偵造が独自に製造法を開発している。戦後の食糧難には記録的な出荷量となったが、その後は米余りの傾向と共に次第に出荷量は減少していった。

製法[編集]

理研式[編集]

理研の鈴木梅太郎が発明した方法で、この製法による酒を理研酒と呼称した。当初は特許の関係で製造元が限られたが、後に理研自身で製法の公開に踏み切ったため合成清酒の製法として半ば標準的なものとなった。理研酒工業(理化学興業(株)、利久発酵工業)の「利久」・大和醸造の「新進」が代表的。

差細タンパク質加水分解して生じるアミノ酸、特にアラニンを主として含有するタンパク分解液に、砂糖または米麹その他含糖物質を添加し、清酒酵母を加えて発酵させ(発酵時は醸造酒に含まれるものと同様のアルデヒド高級アルコールエステルその他を生じる。これらは清酒の香気成分の主なるものである。)、これに有機酸グリセリン、糊精その他調味物質を補添する。

電化式[編集]

醸造研究所の黒野勘六が開発した製法で、寿屋の「千代田」・菊美屋の「新興国」・宮城島酒造場の「日本平」・興北酒造の「興北」がこの方式による。

アラニン、ロイシンおよびグルタミン酸のようなアミノ酸を、約30%くらいのエチルアルコール液に溶解し、電流を通すとアミノ酸が電解されて、アルデヒド、高級アルコールおよびエステルとなる。この変化は酵母によってアミノ酸が分解される時と同じ変化である。これに理研酒と同様に有機酸その他の調味料を補足する。

高橋式[編集]

清酒中のと同様の各種成分を希薄エチルアルコールに溶解し、これに後熟酵母を加え、香味の調熟を図る。帝国清酒の「躍動」があった。

問題点[編集]

法令や通達により、消費者が合成清酒を清酒と誤認しないような表示が生産者に義務づけられている[2]。しかし一部には、「合成清酒」もしくはわざと仮名書きにした「ごうせいせいしゅ」という文字を背景色に溶け込ますなどして見づらくしたり、「銘酒」など清酒と思わせる表現を使用したりすることによって、消費者が清酒と誤認して購入することを狙ったような商品が存在する[3]

合成清酒を製造している酒造メーカー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ お酒の分類と製造過程 - アサヒビール
  2. ^ 酒類の表示に関する説明事項(合成清酒) 国税庁ウェブサイト
  3. ^ 合成清酒 | お酒の事典 月桂冠ウェブサイト

外部リンク[編集]