シャーリー・テンプル (カクテル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シャーリー・テンプル

シャーリー・テンプルノンアルコールカクテルの名称。ノンアルコールカクテルの代表格とされる[1]。名称は1930年代の名子役として知られるシャーリー・テンプルにちなんだものである[2][3][4]。結婚後の名前にちなんだシャーリー・テンプル・ブラックというバリエーションも存在する[2]

概要[編集]

シャーリー・テンプルが滞在していたハワイのホテルで誕生したと言われる[2]

国際バーテンダー協会 (IBA)のオフィシャルカクテルに選定されている[3]

代表的なレシピ[編集]

IBAのレシピは以下の通り。

グレナデンシロップジンジャーエールを適量加え混ぜて、ホーセズ・ネックのようにかつらむきにしたレモン皮を飾る[1][5][3]

正式はレシピは上述のようにレモン皮の飾りを用いるが、カットレモン、マラスキーノチェリーが使われることもある[4]。ジンジャーエールに替えて、レモネードを使用することもある[3]

シャーリー・テンプル・ブラック[編集]

ジンジャーエールに替えてコカ・コーラを使用する[2]

ダーティー・シャーリー[編集]

シャーリー・テンプルにウォッカを加える[6]

出典[編集]

  1. ^ a b 荻野修一 『おうちカクテル150』主婦の友社、2010年、182頁。ISBN 978-4072727966 
  2. ^ a b c d THE PLACE 『カクテル事典』学研パブリッシング、2014年、228頁。ISBN 978-4058003206 
  3. ^ a b c d 中村健二 『世界一のカクテル』主婦の友社、2010年、262頁。ISBN 978-4072743935 
  4. ^ a b 『改訂版 カクテル完全ガイド うまいつくり方の方程式』池田書店、2021年、215頁。ISBN 978-4262130705 
  5. ^ Cocktail15番地、佐藤淳、斎藤都斗武 『カクテルの図鑑』マイナビ、2013年、170頁。ISBN 978-4839946234 
  6. ^ Jillian Dara (2022年5月18日). “Can The Dirty Shirley Actually Become The Drink Of Summer?” (英語). Forbes.com. 2022年6月18日閲覧。