ビール瓶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
典型的なビール瓶の例

ビール瓶(ビールびん)とは、ビールの包装容器とするのことである。

概要[編集]

ビール瓶の素材としては、主にガラスが用いられる。ホップ成分の光酸化による品質の劣化を軽減するために[1]、茶色あるいは黒色に着色されているものがほとんどであるが、一部では緑色に着色したものや無色透明なもの、さらには陶器製のものも用いられている。茶色や緑色のガラスは光酸化を引き起こす波長をカットすると言われるが、光を100%遮断できるわけではないため、冷暗所での保管が推奨される[1]。無色の瓶を用いる銘柄では、コロナビールのように、光酸化を起こす成分をカットしたホップエキスを用いていることもある。

1970年代以降、冷却や運搬に便利なアルミ缶のシェアが増加している。近年では缶の内側をポリマーでコートすることによって「缶臭さ」を消した缶ビールが売られている[2]が、需要は依然として根強い。特に、クラフトビールには小瓶のみを一般向け販売する銘柄が多い。一方で上述の光酸化の問題から、小売り商品では缶のみを用いる醸造者もある。

2004年には、アサヒビールペットボトル入りビールの発売を発表したが、環境面での影響を考慮し、発売を中止している[3]ワインのペットボトル商品が普及した後も、ビールではワインほどペットボトルは使われていない。

ビール瓶の容量[編集]

日本では、1940年酒税法によって、ビール税(ビールの生産量に応じて課税される税金)と物品税(物品の出荷される数量に応じて課税される税金)が新ビール税(ビールの出荷される数量に応じて課税される税金)に一本化された[4]。当時のビールメーカが使用しているビール瓶大瓶の容量を調べると、最大で643ml、最小で633mlであり、容量の少ない633ml瓶を規格とすればそれより容量の大きい瓶も使用できるとの考えから、1944年にビール瓶大瓶の容量が633mlと定められた[4]。小瓶も同様の理由で334mlに定められた[4]

500mlを超える大容量のビール瓶が流通している国はごく少数である。なお、現在の国産ビールでは他に中瓶(500ml)、スタイニーボトル、または小瓶(334ml)等が存在する。

再利用(リユース)[編集]

日本の大手メーカーが取り扱うビール瓶の多くはデポジット制のリターナブル瓶であり、回収後に洗浄され再利用(リユース)される。再利用期間はおおむね8~10年ほどであり、使用に耐えられなくなったリターナブル瓶は、使用済みのワンウェイ瓶と同様にカレットに加工され、茶色瓶の原料として利用される[5]

同容量でも数種類の瓶が流通しており、大瓶はアサヒビールサッポロビールサントリーが共同利用している瓶、キリンビールの独自仕様瓶、主に沖縄県内で流通するオリオンビールの瓶などがあり、各々異なる回収ルートで再利用される。キリンのハートランドビールや、サントリーの小瓶、アサヒのスタイニーボトルなどの専用瓶にもリターナブル扱いのものがある。日本では液体商品を満たした場合に正しい量となるよう法令の規格に従って製造された透明または半透明のガラス製容器を「特殊容器」といい、これらのリターナブル瓶のビール瓶も特殊容器とされている[6]

結婚式場やホテルなど慶事を催す事業体に向けては、特に新品の瓶を使用した商品を配送する場合もある。なお、クラフトビールはほとんどがワンウェイ瓶である。

ビール瓶の運搬[編集]

ビールケース(黄色)。なお、その奥にある赤色のケースは一升瓶用のものである

ビール瓶の運搬には専用のビールケースや運び溜などが使用される。

その他の利用[編集]

ビールを封入する瓶としての再利用ではないが、その強度を生かし、相撲土俵を作る際にも用いられる[7][8]

ビール瓶による殴打[編集]

映画プロレスなどの乱闘シーンやコント・ドラマでは、ビール瓶で殴る様子がよく見られるが、ガラス製ではなく、割れやすい飴ガラスロジンなどの樹脂でできたものである[9]

本物のビール瓶は一般の瓶よりもガラスが厚く重さも強度もあるため、それで人を殴打する事は極めて危険な行為であり、傷害事件などの犯行において凶器として用いられるケースもある。2007年には時津風部屋力士暴行死事件の凶器となった。1992年ケルン大学法医学者らの「Skull Injuries Caused by Blows With Glass Bottles」という論文では、殴打そのものよりも、割れたガラス瓶が鋭利な刃物として頭部に負わせる裂傷となり、傷口からの出血によって死亡した例が多かったとされる[10]

スイスベルン大学において、中身の入ったビール瓶と空のビール瓶のどちらが危険かを検証する研究が行われたが、いずれも人間の頭蓋骨を叩き潰す威力があることを実験で証明された[10][11][12]。研究チームは2009年のイグノーベル賞平和賞を受賞した[10][12]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ビール瓶はなぜ茶色なのですか?” (日本語). サントリーお客様センター. 2020年11月23日閲覧。
  2. ^ 知っておいしい 読むビール サッポロビール 2011年8月1日閲覧
  3. ^ 7月8日発表のPETボトル容器入りビール新商品に関するお知らせ アサヒビール ニュースリリース 2004年9月30日付 (2011年8月22日閲覧)
  4. ^ a b c ビールの大瓶の容量は、なぜ633mlなのですか?” (日本語). サントリーお客様センター. 2020年11月23日閲覧。
  5. ^ リターナブルのビール瓶は何回くらい使われるのですか?” (日本語). サントリーお客様センター. 2020年11月23日閲覧。
  6. ^ 計量に関するQ&A”. 国民生活センター. 2020年1月2日閲覧。
  7. ^ 平成16年秋の土俵築 荒汐部屋、2004年10月6日(2011年6月13日閲覧)。
  8. ^ 相撲の土俵 2011年6月13日閲覧。
  9. ^ アメガラス工房” (日本語). 株式会社フジアール. 2020年11月23日閲覧。
  10. ^ a b c ビール瓶で頭を殴るとどうなるのか イグノーベル賞の研究を紐解くと...” (日本語). J-CAST ニュース (2017年11月17日). 2020年11月23日閲覧。
  11. ^ "Are Full or Empty Beer Bottles Sturdier and Does Their Fracture-Threshold Suffice to Break the Human Skull?" Stephan A. Bolliger, Steffen Ross, Lars Oesterhelweg, Michael J. Thali and Beat P. Kneubuehl, Journal of Forensic and Legal Medicine, vol. 16, no. 3, April 2009, pp. 138-42
  12. ^ a b 侮れないビール瓶の強度 イグ・ノーベル賞で検証済み” (日本語). 日本経済新聞 (2017年11月15日). 2020年11月23日閲覧。