飴ガラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

飴ガラス(あめガラス、英語:sugar glass[1])は、ガラスに似た外観を持つ、砂糖澱粉の加工品である。主に映画ドラマ特殊効果に使われる。

概要[編集]

映画やドラマの格闘シーン、アクションシーンでは、人間をビール瓶などの飲料瓶で殴ったり、ガラスのドアテーブルに倒れ込むなどして、それらが激しく砕け散るというアクションが散見される。しかし、こういったシーンの撮影に本物のガラスで作られたものを使うと、演者が大怪我をするか場合によっては死亡する危険性がある。

周知のようにガラスは強い衝撃を加えると破損して割れるもしくは砕けるが、素材としての硬度自体は高く、実際にガラス製品となった状態のものはそれなりの強度があり、人体に致命的な障害が加わらない程度の衝撃では「容易に割れる」とはならない場合がある[2]。また、必ずしも演出意図の通りにタイミングよく望む形で壊れたりはしない可能性があるため、割れやすく人体を損傷させる危険の低い素材で作られたものを使用することが多い。そのひとつとして用いられるのが、飴ガラスである。

なお、日本の映像制作現場では、飴(砂糖)で作られたわけではないものであっても、この種の「実際のガラス製ではない、割れても安全性の高い特殊効果用のガラス風小道具」を慣習的に“飴ガラス”もしくは“アメガラス”と呼ぶことがあり、必ずしも砂糖で作られていないことがある。

製法[編集]

砂糖コーンスターチなどの澱粉に少量の水を加えたものを150℃程度に熱して液状にし、必要に応じてカラメルなどで着色してから型に流し込んで冷やすことで外形ができあがる。澱粉質は、砂糖が冷える際に再び結晶化を起こさない(結晶化を起こすとうまく型に合致したものが形成されない上、透明な“ガラス”にはならなくなる)ためにも添加されており、これらに加えてクリームタータ(酒石酸水素カリウム)が添加物として加えられる事が多い。

冷えて固まったものを型から外し、必要に応じて装飾を加える(飲料瓶としてなら、ロゴ等を書き加える、ラベルを貼る、等)ことにより完成となる。

原材料は食品のために食べても支障はないが[3]というほどには甘くない。

欠点[編集]

材料が吸湿しやすく、熱による変形もしやすいため、製造後は長時間の保存はできない。映画の撮影には照明が多く使われて熱を受けることが多いため、使用直前まで冷蔵しておくことが求められる。また、割れやすいために輸送途中での破損も生じやすい。このような特性から、大量生産や作り置きができないため、手作りで高価なものとなる。そういった理由から、ロジンなど樹脂製のものへ置き換えられつつある。

また、本物のガラスのように危険ではない、とはされているものの、ゴムのような柔らかい素材で作られているわけではなく、ガラスよりも細かく砕けるので思わぬ怪我をする場合もある。割れ方や砕け方とそれによる断面や破片のでき方によっては、人間の皮膚程度であれば傷つけることは十分に可能で、破片が目に入ったりした場合には失明の危険も高い。

この他、飴ガラス製品そのものの問題ではないが、撮影現場での管理が不十分な場合には「飴ガラス製のものと実際のガラス製品を取り違えた」(飴ガラス製品だと思い込んで実際のガラス製品で演者を殴った、複数ある窓のうち飴ガラスに換装されていない本物のガラス窓の方に飛び込んでしまった、等)という事故が発生した例もあり、ジャッキー・チェンのスタントチームではほとんどのガラスを本物で撮影している。ジャッキーは「偽物のガラスは危険なんだ。何故か本物だと怪我をしない。」と語っており[要出典]、『レッド・ブロンクス』での瓶攻めシーンでも本物のガラス瓶が使われた。しかし、『ポリス・ストーリー2/九龍の眼』ではガラスに飛び込んだ瞬間に顔面を切ってしまったあげく、骨が見えるほど腕を切ってしまうという事故が起きている。このシーンは予定では飴ガラスに飛び込むことになっていた[要出典]

参考文献[編集]

  • Thurston James:著 『The Prop Builder's Molding & Casting Handbook』(ISBN 978-1558701281)Betterway Books:刊 1990年

脚注[編集]

  1. ^ この他には"candy glass"、"edible glass"、"breakaway glass"といった呼称がある。
    なお、"breakaway glass"は必ずしも砂糖で作られたもののみを指すとは限らないため、注意が必要である。
  2. ^ この種のアクションによく用いられるビール瓶の場合、容器としての基準を満たしているのであれば内容物による内圧に耐えられる強度があり、特に底の部分はガラスが肉厚で強度も高く、確実に「人の頭に叩きつけて割る」には頭蓋骨が陥没するレベルの力で殴ることが必要である。当然ながらそのような行為は叩きつけられた側に重度障害を負わせるか死亡させる可能性が高い。
  3. ^ ただし、型には離型剤として、完成した製品には仕上げに用いる塗料として、食用品を原料としないものが使われていることも多く、食品としての安全性は保証されない。そのため、意図的に摂食することは危険である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]