揚げバナナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
揚げバナナ(ピサン・ゴレン)
Goreng Pisang.jpg
種類 スナック菓子
地域  インドネシアマレーシアの旗 マレーシアシンガポールの旗 シンガポールブルネイの旗 ブルネイフィリピンの旗 フィリピン
主な材料 バナナ
テンプレートを表示

揚げバナナ(あげバナナ、英語: fried banana)またはピサン・ゴレンマレー語: Pisang goreng)、ゴレン・ピサンマレー語: Goreng pisang)は、バナナ食用油揚げたスナック菓子インドネシアマレーシアシンガポール[1]ブルネイフィリピンなどで食べられる。まだ青く熟する前のバナナを使用し、専用の衣を付けて揚げる[2]。長時間揚げるとバナナが溶け出すため、高温で短時間揚げて作る[3]

インドネシアでは一般に「ピサン・ゴレン」と呼ばれ、いくつかの種類があり、衣をつけて揚げたものと衣なしのものとがある。特に「ピサン・ゴレン・ポンティアナック」と呼ばれる揚げバナナは、インドネシアで広く人気がある。一方地方名も複数存在し、バリ島ではゴドー・ゲダン(godoh gedang)、西ジャワ州ではカウ・ゴレン(cau goreng)、中部ジャワ州ではゲドハン・ゴレン(gedhang goreng)、北スマトラ州シボルガ英語版ではピサン・ラキト(pisang rakit)、ポンティアナックではピサン・キパス(pisang kipas)という[4]。シンガポールやマレーシアの一部では(前後を入れ替えた)「ゴレン・ピサン」と呼ばれているが、これは文法的には「バナナを揚げる」という動作を表すため、正確ではない。午前・午後を問わずスナックとして食べる。インドネシアやマレーシアでは露店で販売されることも多く[5]、店によっては店頭に並べている。

フィリピンでは種類によって名前が違う。衣をつけて揚げたものはマルヤ(maruya)、素揚げしたものはプリトン・サギン(pritong saging)、そして挙げてから砂糖をまぶし、木串で刺したものはバナナ・キュー(banana cue)と呼ばれる。これらは主に午後のおやつの時間に供される。

露店では、バナナに衣をつけて油で揚げたままの状態で提供される。レストランではもう少し手をかけ、チーズジャム加糖練乳チョコレートなどを添えて提供する。

バナナの代用としてプランテンを用いることもしばしばである。ラツンダン・バナナ英語版がバナナの代わりによく用いられる。

脚注[編集]

  1. ^ Tay, Leslie. “Million Stars Goreng Pisang”. ieatishootipost.sg. 2015年9月13日閲覧。
  2. ^ KIKO. “カリカリもちもち!インドネシアの揚げバナナ菓子「ピサン・ゴレン」を味わおう♡”. Column Latte. 2015年9月13日閲覧。
  3. ^ ピサン・ゴレン(マレーシア風揚げバナナ)”. 日本製粉. 2015年9月13日閲覧。
  4. ^ Resep Pisang Goreng - InfoReseps.com”. inforesep.com. 2015年9月13日閲覧。
  5. ^ Ashyln Molly (2014年11月15日). “GORENG PISANG: A STREET HAWKER DELIGHT IN PENANG, MALAYSIA Travel Blissful”. travelblissful.com. 2015年9月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]