グドゥッ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナシグドゥッ・アヤム

グドゥッインドネシア語Gudeg; ジャワ語Gudheg)はジョグジャカルタ中部ジャワ州の伝統的な料理で、若いジャックフルーツ(パラミツ)ココナッツミルク赤砂糖(パームシュガー)で煮込んだもの。その他に調味料として鶏がらスープ、ニンニクエシャロットククイの実、コリアンダーナンキョウサラムリーフチークの葉などを加える。チークの葉から色が出て完成した料理は茶色になる。

普通、濃いココナッツミルクの汁(インドネシア語areh)、フライドチキン茹で卵豆腐テンペ牛皮煮込み料理インドネシア語sambal goreng krecek)などと一緒に白いご飯のおかずとして食べる。白米に添えたものをナシグドゥッという。ナシグドゥッ・アヤムはさらに鶏肉を添えたものである。

グドゥッはジャワ料理を代表する料理であるがかなり甘い味付けで知られ、このグドゥッも日本人の普通の感覚だと甘すぎるようなものを出す店も現地にはある。

グドゥッには三種類ある:

  • 濃いココナッツミルクの汁をかけて食べるグドゥックリン
  • 薄いココナッツミルクの汁をかけて食べるグドゥッバサ
  • 白いココナッツミルクの汁をかけて食べるグドゥッソロスラカルタのグドゥッ)。