チリクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チリクラブ

チリクラブ: Chilli Crab)は、カニチリソースで炒めた料理。シンガポールの名物料理として知られる[1]

概要[編集]

いわゆるエビのチリソースの具材をエビからカニに変えたような料理[1]。使われるカニの種類は主にノコギリガザミ(ドウマンガニ、マッドクラブ)だが、ソフトシェルクラブやアラスカキングクラブ(タラバガニ)、アラスカスノークラブ(ズワイガニ)などが使われることもある[1]。シンガポールでは、チリソースに溶き卵やトマトペーストなどを加えるアレンジを行っている店も多い[2]。またチリソース以外にブラックペッパーソースで炒められたタイプのものもある[1]。カニを食べつつ、ソースに饅頭を浸して食べるのが定番[2]

歴史的には1956年に、当時シンガポールで屋台を営んでいたチャー・ヤム・ティアン夫妻が、蒸しガニの代わりの料理法としてカニをチリソースで炒めたものを売り始めたのが最初とされている[2]

カニを丸ごと炒めるためどうしても価格が高くなりやすく、シンガポールでは1皿約50 - 70シンガポールドル程度で提供している店が多い[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 絶品シンガポールチリクラブ!ただし、お値段にはご注意を - エクスペディア・2015年6月27日
  2. ^ a b c チリクラブ - シンガポール観光局

関連項目[編集]