パッキン (タイ料理)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パッキン
Kai phat khing.jpg
カイパッキン
発祥地 インドシナ半島
地域 東南アジア
関連食文化 タイ料理ラオス料理
テンプレートを表示

パッキンタイ語: ผัดขิง発音 [pʰàt kʰǐŋ] ;ラーオ語: ຜັດຂີງ )は、タイラオスで広く食べられている炒め物料理。中華料理の影響を受けている。

カイパッキン(ไก่ผัดขิง)は、鶏肉の炒め物キノコピーマンなどのさまざまな野菜を入れたものであるが、鶏肉以外の肉を使用することや、鶏砂肝が代用されることもある。パッキンの味付けにおいて決め手となる食材は薄切りされた生姜(「キン」)であり、この料理の味を多大に特徴づけている。また生姜の他にも醤油玉ねぎもこの料理における重要な材料である。白飯につけるおかずとして食べられている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]