メーホンソーン県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メーホンソーン県
จังหวัดแม่ฮ่องสอน
メーホンソーン県の位置
タイの国旗 タイ王国
県庁所在地 ムアンメーホンソーン郡
面積 12,681.259 km²
人口 246,549 人 2013年
人口密度 19.44 人/km²
ISO 3166-2 TH-58
  • この項目は英語版を元に作成されています。

メーホンソーン県(メーホンソーンけん、タイ語: จังหวัดแม่ฮ่องสอน)はタイ北部にある県(チャンワット)の一つ。チエンマイ県ターク県に接し、ミャンマーとの国境を有する。

地理[編集]

高地にあり、涼しい気候が特徴である。サルウィン川ミャンマーとの国境線となっている。チエンマイ側と言うよりはミャンマー側に向かって平地が続いており、チエンマイとメーホンソーンとの間は山岳地帯になっている。なお県内の最高峰はメーヤ峰 (ยอดเขาแม่ยะ) でパーイ郡にあり、海抜2,005mの地点にある。

県内のほとんどが山岳地帯という特殊性から、タイ族の入植が遅くかった。このため、県民の63%は少数民族である。タイ族もいるがそのほとんどは大タイ族(シャン族)である。

歴史[編集]

ラーンナー王朝の覇権下にあった後、ビルマに占領された為、ビルマの文化の影響を受けた建造物が県内には残っている。

時代は下り、チエンマイのマホータラプラテートは1831年、メーホンソーンの地域が野生動物の宝庫であると知り、チャオ・ケーオムアンマーにが入植する様に命じた。チャオ・ケーオはその際現在のムアンメーホンソーン郡に戦象の基地を建設、この基地はメーホンソーンのコミュニティーの中心として機能することになる。その後このコミュニティーは成長を続け、1784年、当時のチエンマイ王、インタウィチャヤーノン王はシンハナートラーチャーをメーホンソーンの国主にした。

1890年、ラーマ5世(チュラーロンコーン)は勅命を出し、メーホンソーン周辺にあった、メーチャリエンパーイクンユワムなどを一つの地域としてまとめ上げ、クンユワムが県の中心となった。

1910年、メーホンソーン県はモントン・パヤップに編集されたが、1933年モントン・パヤップは廃止され、メーホンソーンは現在の県の形となった。

県章[編集]

県章

「県章は水浴びをする象 (รูปช้างในท้องน้ำ)」と呼ばれる。県内では象が貴重な労働力であったことを意味する。また、チャオ・ケーオムアンマーが1831年に戦象の基地を作ったことを記念するものでもある。

県木はマメ科の Millettia brandisiana Kurz (ปี้จั่น หรือ กระพี้จั่น) であり、県花はニトベギクดอกบัวตอง, Titonia diversifolia)である。

行政区[編集]

メーホンソーン県は7の郡(アムプー)に分けられ、その下に45の町(タムボン)と402の村(ムーバーン)がある。

  1. ムアンメーホンソーン郡
  2. クンユワム郡
  3. パーイ郡
  4. メーサリエン郡
  1. メーラーノーイ郡
  2. ソップムーイ郡
  3. パーンマパー郡
メーホンソーン県の郡

難民キャンプ[編集]

国境を挟んだミャンマー側では、ミャンマー国軍とカレン民族同盟が長らく交戦しており、メーホンソーン県側にカレン族難民が流入。10か所の難民キャンプが形成され、2000年代においても約13万人が暮らしている[1]

出典[編集]

外部リンク[編集]