ウボンラーチャターニー県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウボンラーチャターニー県
จังหวัดอุบลราชธานี
Flag of Ubon Ratchathani Province.jpegSeal Ubon Ratchathani.png
ウボンラーチャターニー県の位置
タイの国旗 タイ王国
県庁所在地ムアンウボンラーチャターニー郡
面積16,112.650 km²
人口1,836,523 人 2013年
人口密度113.98 人/km²
ISO 3166-2TH-34
  • この項目は英語版を元に作成されています。

ウボンラーチャターニー県(ウボンラーチャターニーけん、タイ語:จังหวัดอุบลราชธานี)はタイ東北部の県(チャンワット)の一つ。シーサケート県ヤソートーン県アムナートチャルーン県と接し、ラオスカンボジアとの国境を有する。

地理[編集]

ウボンラーチャターニーの郡・コーンチアムは、コーラート台地最大の川・ムーン川メコン川と接する地点である。この後メコン川はタイ領から離れラオス内部を通ることになる。また、ラオス、カンボジアとの接点はエメラルド・トライアングルと呼ばれる。これは、この地帯のモンスーンによってはぐくまれた森林があたかもエメラルドのように緑色に茂っているからだと言われる。

歴史[編集]

タイの先住民族は、ネグリトマニ族英語版である。

イサーン地方から中央ラオスにはSi Kottaboon文化が栄えた時期があった。紀元前1500年頃にファターム英語版: ผาแต้ม: Pha Taem)の壁画が描かれた。

その後クメール王朝の領土になった時期を経て、タイの民族移動英語版が起こり、タイ族系のアユタヤ王ラーマーティボーディー1世がこの地に住んでいたクメール人を撃退し、この地域をアユタヤ王朝に組み込んだ。アユタヤ王朝が1767年滅びると、カー族スワイ族が住み着くようになったが、20年後チャクリー王朝(現タイ国)のラーマ1世は、この地の有力者、ターオ・カンポーンを国主に任命し、1786年この地は再びタイに組み込まれた。同時に現在のウボンラーチャーターニー市も建設されている。後の1792年にはウボンラーチャーターニー県が成立。その後ナコーンラーチャシーマー県に組み込まれたこともあったが、1933年再び県として成立した。1972年1993年には県内の一部がそれぞれ、ヤソートーン県アムナートチャルーン県として独立した。

交通[編集]

陸路[編集]

国境を越えてラオスパークセー郡へ接続されている。

鉄道[編集]

タイ国有鉄道東北線によりバンコクまで通じている。本県のメイン駅は県名と同じウボンラーチャターニー駅であるが、県庁所在地であるムアンウボンラーチャターニー郡にはなく、ワーリンチャムラープ郡に位置する。1日に22本(11往復)の列車が発着し、特急列車利用によるバンコクまでの所要時間は約8時間である。

県章[編集]

県章
県章は名前のウボンラーチャターニー(ハスの王都)にあやかって、ハスがデザインされている。

県花もハス、また県木はDipterocarpus alatusである。

行政区分[編集]

ウボンラーチャターニー県は25の郡(アムプー)にわかれ、さらにその下位に219の町タムボン、2469の村(ムーバーン)がある。

  1. ムアンウボンラーチャターニー郡
  2. シームアンマイ郡英語版
  3. コーンチアム郡英語版
  4. クアンナイ郡英語版
  5. ケーンマラート郡英語版
  1. デートウドム郡英語版
  2. ナーチャルワイ郡英語版
  3. ナムユーン郡英語版
  4. ブンタリック郡英語版
  5. トラカーンプートポン郡英語版
  6. クットカーオプン郡英語版
  1. ムワンサームシップ郡英語版
  2. ワーリンチャムラープ郡英語版
  1. ピブーンマンサーハーン郡英語版
  2. ターンスム郡英語版
  3. ポーサイ郡英語版
  4. サムローン郡英語版
  1. ドーンモットデーン郡英語版
  2. シリントーン郡英語版
  3. トゥンシーウドム郡英語版
  1. ナーヤイ郡英語版
  2. ナーターン郡英語版
  3. ラオスアコーク郡英語版
  4. サワーンウィーラウォン郡英語版
  5. ナムクン郡英語版
郡(アムプー)の地図
郡と地図の番号が対応している。

関連項目[編集]