サムットサーコーン県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サムットサーコーン県
จังหวัดสมุทรสาคร
Flag Samut Sakhon Province.pngSeal Samut Sakhon.png
サムットサーコーン県の位置
タイの国旗 タイ王国
県庁所在地ムアンサムットサコーン郡
面積872.347 km²
人口519,457 人 2013年
人口密度595.47 人/km²
ISO 3166-2TH-74
  • この項目は英語版を元に作成されています。

サムットサコーン県(サムットサコーンけん、タイ語: จังหวัดสมุทรสาคร)はタイ王国中部の県(チャンワット)の一つ。サムットソンクラーム県ラーチャブリー県ナコーンパトム県バンコク都と接する。

地理[編集]

サムットサコーンはターチン運河がタイランド湾に流れ出る所に位置する。海岸部には塩田が広がる。

歴史[編集]

サムットサコーンの旧称はターチンである。その後1548年サコーンブリーの名のもと、町が建設された。1704年にはマハーチャイと改称した。その後ラマ4世の時代に、マハーチャイ運河がターチン運河とつながったことでマハーチャイ運河は消滅し、町はサムットサコーンと名前を変えた。

県章[編集]

県章にはジャンク船煙突が描かれている。これは昔ジャンク船による貿易が行われていたこと、現在では工業地帯となり、今も昔も栄えていることを示している。

県木はジタノキAlstonia scholaris)である。

隣接する県[編集]

行政区[編集]

サムットサコーン県は3つの郡(アンプー)に分かれ、その下に40の町(タンボン)と、288の村(ムーバーン)がある。

  1. ムアンサムットサコーン郡
  2. クラトゥムベーン郡
  3. バーンペーオ郡
サムットサーコーン県の郡地図

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]