バンコク首都圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バンコク首都圏

バンコク首都圏(バンコクしゅとけん)(BMR、英語: Bangkok Metropolitan Region;タイ語: กรุงเทพมหานครและปริมณฑล)は、タイ王国首都バンコクを取り巻く都市的地域で、バンコク都とタイ中部の隣接5ノンタブリー県 サムットプラーカーン県 パトゥムターニー県 サムットサーコーン県 ナコーンパトム県)を指し、都県を超えて国家的に都市政策が行われる地域である。 面積7,761.6km² 人口は1400万人を超える東南アジアを代表する大都市圏の一つである。

近年はさらに工業化地域が外縁部へ拡大し,国家経済社会開発委員会(NESDB)が隣接4県(チョンブリー県 ラヨーン県 アユタヤ県 チャチューンサオ県)を加えた拡大バンコク都市圏(EBMR)や、バンコク都市圏(BUR)を定義しており日本経済産業省が利用している。[1]

出典・脚注[編集]

  1. ^ http://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2012/2012honbun/html/i2330000.html