チャイヤプーム県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャイヤプーム県
จังหวัดชัยภูมิ
チャイヤプーム県の位置
タイの国旗 タイ王国
県庁所在地 ムアンチャイヤプーム郡
面積 12,778.287 km²
人口 1,135,723 人 2013年
人口密度 88.87 人/km²
ISO 3166-2 TH-36
  • この項目は英語版を元に作成されています。

チャイヤプーム県(チャイヤプームけん、タイ語: จังหวัดชัยภูมิ )はタイ東北部の県(チャンワット)の一つ。コーンケン県ナコーンラーチャシーマー県ロッブリー県ペッチャブーン県と接する。

地理[編集]

県は最高で1,222メートルを有するペッチャブーン山脈によって二つに分けられている。二つに分けられた県の東側はコーラート台地である。

また県内は自然の宝庫で3つの国立公園が置かれている。中でもサイトーン国立公園パー・ヒンガーム国立公園は特に、クルクマ・シャロームが多数自生していることで有名である。

歴史[編集]

県の歴史はクメール王朝時代12世紀まで遡る。アンコールからプラーサートヒン・ムアンシンカーンチャナブリー県)に至る道の宿町として発展していた。1817年にはラオス系の民族集団がここに住み着くようになった。最初はナコーンラーチャシーマー県に付近に住んでいたがすぐにチャイヤプーム県付近に移住し、この地をバーンルワンと呼ぶようになった。後にラオスの王、アヌウォン王がシャムに対して宣戦布告すると、同じラーオ族であったこの地の国主、チャオプラヤー・レー(プラヤー・パックディーチュムポンとも)がシャムに寝返った。1826年アヌウォンはチャイヤプーム、ナコーンラーチャシーマーでの相次ぐ寝返りにより敗北した。

県章[編集]

県章は勝利の象徴である三角旗がデザインされている。

県木はタガヤサンCassia siamea、県花はクルクマ・シャロームCurcuma alismatifolia

行政区分[編集]

チャイヤプーム県は16の郡(アムプー)に分かれ、その下に124の町(タムボン)と、1,393の村(ムーバーン)がある。

  1. ムアンチャイヤプーム郡ムアン
  2. バーンクワオ郡
  3. コーンサワン郡
  4. カセートソムブーン郡
  5. ノーンブワラウェー郡
  6. チャットゥラット郡
  7. バムネットナロン郡
  8. ノーンブワデーン郡
  1. テープサティット郡
  2. プーキアオ郡
  3. バーンテーン郡
  4. ケーンクロー郡
  5. コーンサーン郡
  6. パックディーチュムポン郡
  7. ヌーンサガー郡
  8. サップヤイ郡

 行政区分