クウェーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クウェーンแขวง)はタイバンコクの行政単位の一つ。ケート(区)の下。おおよそ、タイの他の県(チャンワット)におけるアムプーの下位の行政単位、タムボンと似通ったものと考えられている。

ただし、歴史上チャクリー改革の途上では一部の地方の県(ムアン)では県の下位の行政区分にアムプーではなく、おなじくクウェーンと称する行政区分を設置していた(たとえば旧ラーンナー地域など)[1]。現在はこれらのアムプーに相当するクウェーンと称する地域はタイの地方にはない。

ラオスにおけるクウェーン (ແຂວງ) はタイのクウェーンと語源的には同じであるが、国の下位の行政区分をさす言葉であり、多くの場合日本語では「県」の訳語が当てられている。

脚注[編集]

  1. ^ Sarassawadee Ongsakul (2005) [2001] (English text). History of Lan Na. tr. Chitraporn Tanratanakul. Chiang Mai: Silkworm Books. pp. p.204. ISBN 9789749575840