パークセー郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯15度07分 東経105度47分 / 北緯15.117度 東経105.783度 / 15.117; 105.783

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
パクセー郡
ປາກເຊ
Pakxe
メコン川にかけられた橋the Lao Nippon Bridge, ラオス パークセー郡
メコン川にかけられた橋
the Lao Nippon Bridge, ラオス パークセー郡
座標 : 北緯15度07分 東経105度47分 / 北緯15.117度 東経105.783度 / 15.117; 105.783
歴史
設立 1905年
行政
ラオスの旗 ラオス
 行政区画 チャンパーサック県
 市 パクセー郡
人口
人口 (現在)
  市域 87,000人
その他
等時帯 UTC+7 (UTC+7)
夏時間 なし

パークセー郡 (ປາກເຊ) は、ラオス南部の都市である。人口およそ100,000人、サワンナケートと並んでラオス第2の都市とされる。パークセー郡はカイソーン・ポムウィハーン郡に比べ面積が狭く、同等かそれ以上の都市規模に感じられる。

地形[編集]

セダン川メコン川の合流地点に位置している。パークセーはチャンパーサック県の県都で、南部の交通の要衝でもあり、ボロヴェン高原シーパンドンなど観光地への玄関口でもある。

歴史[編集]

フランス領インドシナの一部だった1905年、フランスが行政上の出先機関を置いたことで街は設立した。チャンパーサック王国の王は、この地のチャンパーサック宮殿に住居を構え、街は王都となった。しかし1946年にラオス王国が誕生し、王室や宮殿は廃止された。

経済[編集]

日本の中小企業向け工業団地「パクセー・ジャパン日系中小企業専用経済特区」が開発中で、運営母体には日本の西松建設が参画している[1][2]

交通[編集]

空路
陸路

脚注・出典[編集]

  1. ^ パクセー・ジャパン日系中小企業専用経済特区(2018年3月14日閲覧)
  2. ^ 「レンタル工場に日系2社/ラオス工業団地 西松建設、中小進出を促す」『日刊工業新聞』2018年2月6日(建設・エネルギー・生活面)