オムライス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オムライス
東京下町のオムライス
ケチャップソースのオムライス
発祥地 日本の旗 日本
地域 東京銀座大阪心斎橋
考案者 東京銀座の「煉瓦亭」、
大阪心斎橋の「北極星」
主な材料 玉子米飯ケチャップ
派生料理 オムカレー、オムハヤシ、タンポポオムライス(伊丹十三風)

オムライスは、日本で生まれた米飯料理である。ケチャップで味付けしたライスチキンライスまたはバターライス)を、オムレツのような鶏卵で包んだ日本洋食である。この名称はフランス語omelette英語riceを組み合わせた和製外来語である(煉瓦亭では「rice omlet」と訳されている)。

形態[編集]

フライパンに割りほぐした鶏卵を入れて焼いて半熟にし、ケチャップ味のライスを包む。紡錘型に成形された上からケチャップやデミグラスソースベシャメルソースなどをかける例が一般的。なお、カレーハヤシライスのソース、シチューなどをかけた料理は、オムライスとは区別され、「オムカレー」や「オムハヤシ」、「オムシチュー」のように「オム○○○」と呼称されることが多い(「シチューオムライス」のような呼び方もある)。チキンライスの代わりに焼きそばを卵で包んだものは「オムそば」と呼ばれる。家庭でも多く作られているうえ、創作オムライス店による様々な派生品も存在する。

歴史[編集]

「オムライス発祥の店」を自称する店は多数あるが、東京銀座の「煉瓦亭」もしくは大阪心斎橋の「北極星」が有名である。

「煉瓦亭のオムライス」は、1900年明治33年)に溶き卵に白飯やピーマン、マッシュルームの具を混ぜて焼いた賄い料理として作られた。忙しい厨房でも片手で食べられるように考案されたものである[1][2]。時期は不明ではあるが、これを客が食べたいと所望したため、「ライスオムレツ」として供されるようになった。現在はこれを「元祖オムライス」という名前で提供しているが、ライスを卵で包んでいないほぼ具入りの卵焼きと言える製法など、現在一般的に認知されているオムライスとは別物である。その後、このライスオムレツ以外にも、一般的なオムライス(マッシュルームに、ひき肉、グリーンピースとお米が入っている)も提供をおこなっている。なお、報知新聞1903年(明治36年)より掲載された小説『食道楽』(村井弦斎・著)の付録には、「米のオムレツ」としてオムライスとおぼしき料理が掲載されており、ケチャップを使用していないことからも「煉瓦亭」の商品を食べたうえでの執筆の可能性が示唆されている[3]。他、銀座の4軒ほど西洋料理屋で研究が行われ、現在のオムライスに近いものが作られたともされている[4]

「北極星のオムライス」は、ケチャップライスを卵で包んだものである。1925年大正14年)に白飯とオムレツを別々に頼んでいた、胃が弱い常連客を見ていた店主の「いつも同じものでは可哀そうだから」という思いから生まれたとされる[5]

小菅桂子は、「オムライスはチャブ屋(小規模な庶民向けの洋食屋)から生まれた」とする日比谷・松本楼の料理長辻村の証言を紹介している。チャブ屋で誕生したオムライスが、後に西洋料理店に逆移入したものであろうという[6]

バリエーション[編集]

  • 映画『タンポポ』で有名になった作り方として、皿に盛ったチキンライスの上に中が半熟のプレーンオムレツを乗せ、食卓でそれに切れ目を入れて全体を包み込むように開くという方法がある。これは伊丹十三が発案し、東京日本橋にある洋食屋の老舗「たいめいけん」が作り出したもので、現在は「タンポポオムライス(伊丹十三風)」という名前で供され、店の名物の1つとなっている。
  • ラーメン店では、チャーハンを卵で包んだものを「オムチャーハン」として供している場合がある。オムチャーハンでは、焼いた面を裏、半熟の面を表と、通常とは表裏逆に包むことが多い。また、ケチャップなどは用いず、チャーシューのエンドカット部分を細切れにしたもの(チャンコマ)を乗せ、チャーシューの煮汁をかける。終始、ラーメン店における具材の活用がされているが、チリソースなどをかけて中華風にすることもある(甘酢あんかけにすると天津飯になってしまう)。これを別にしても、中華料理店でオムライスが定番として供されていることが少なくない。
  • 近年では多くのメイド喫茶の定番メニューにもなっており、店員(メイド)がオムライスの上にケチャップでメッセージや絵(アスキーアート)などを書いてくれるサービス「萌えオム」などが、広く知られている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ぐるなびPRO for 飲食店 煉瓦亭「元祖オムライス」 - 伝説の店 -
  2. ^ 菊地武顕『あのメニューが生まれた店』コロナ・ブックス186、平凡社2013年11月、p.30
  3. ^ 彩流社『ニッポン定番メニュー事始め』澁川祐子 114頁
  4. ^ 銀座新聞ニュース「元祖オムライスに100年の歴史と味が染み込む洋食屋(101-2)」
  5. ^ 1925年、大阪市難波汐見橋南詰めにあった大衆洋食屋「パンヤの食堂」(「北極星」の前身)の主人・北橋茂男が、常連客の雨具屋の小高久之進のために作ったという北極星(北極星産業株式会社)HP内「オムライス誕生までの由来」/
  6. ^ 小菅桂子『にっぽん洋食物語』新潮社1983年、pp.227-228

関連項目[編集]