ハッシュドビーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハッシュトビーフ

ハッシュトビーフ: hashed beef) は、薄切りの牛肉ドミグラスソースで煮込んだ洋食のひとつである。

この名称が全国的に浸透したのは、1989年平成元年)にハウス食品から「ハウス ハッシュドビーフ」という商品名のハヤシライスルーが発売されて以降とされている[1]

なお、これとは同名のハッシュトビーフも19世紀以前には存在していた(後述)。

他国のハッシュトビーフ[編集]

19世紀以前の欧米の書籍には、Hashed Beef という古いイギリス料理のレシピがしばしば掲載されており、薄切り牛肉の煮込み料理という点では共通している。

食べ方[編集]

日本では白飯にかけて食べることが多く、バターライスを用いたりパンマッシュトポテトを添えることもある。

出典[編集]

  1. ^ 澁川祐子 『ニッポン定番メニュー事始め』2013年、210頁。ISBN 978-4-7791-1934-7 
  2. ^ Richard Briggs (1788). The English Art of Cookery. London, England: G. G. J. and J. Robinson. pp. 212-213  (Online version at HathiTrust Digital Library)
  3. ^ Charles Elmé Francatelli (1862, 2nd Edition). The Cook's Guide, and Housekeeper's & Butler's Assistant. London, England: Richard Bentley. p. 207  (Online version at HathiTrust Digital Library)
  4. ^ Henry Hartshorne (1881). The Household Cyclopedia of General Information. New York, NY, USA: Thomas Kelley. p. 341  (Online version at Archive.org)
  5. ^ マダーム・ブラン(口述)、洋食庖人(筆記)、松井鉉太郎(奥付著者) 『軽便西洋料理法指南 : 実地応用 一名・西洋料理早学び』新古堂書店、東京、日本、1888年、26-27頁。 国立国会図書館デジタルコレクション
  6. ^ 三八光商会編輯部 『女道大鑑』三八光商会、東京、日本、1909年、70-71頁。 国立国会図書館デジタルコレクション

関連項目[編集]