ハッシュドビーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
煉瓦亭の「元祖ハヤシライス」 メニューの英語表記は Hashed Beef w/rice となっている

ハッシュドビーフ: hashed beef)は、薄切りの牛肉を洋風のソースで煮込んだ料理。

概要[編集]

現在広く知られているハッシュドビーフは、外国料理の技法を元に明治時代に成立した日本洋食である。 ハヤシライスの別名あるいは英訳として一部のレストランでのみ使用されていたこの名称が一般に浸透したのは、1989年(平成元年)にハウス食品から「ハウス ハッシュドビーフ」という商品名のハヤシライスルーが発売されて以降のことである[1]

なお、これとは異なるハッシュドビーフも19世紀以前には存在していた。(後述)

歴史[編集]

19世紀以前の欧米の書籍には、Hashed Beef という古いイギリス料理のレシピがしばしば掲載されている。味付けは現在の日本におけるものとは大きく異なるが、薄切り牛肉の煮込み料理という点では共通しており、これが明治期に伝わりローカライズされたという推測は可能である。

オリジナルの Hashed Beef がイギリス特有の調味料を用いた煮込み料理であるのに対し、日本のハヤシライス/ハッシュドビーフには当初よりデミグラスや小麦粉のルーといったフランス料理の技法が取り入れられているため、料理としての連続性に関しては不詳である。 なお、Hashed Beef というイギリス料理は英語圏においても現在はほとんど認知されておらず、提供する店もみられない。

作り方[編集]

  1. 薄切りの牛肉に、食塩コショウで下味をつけ、小麦粉をまぶす。
  2. タマネギを薄切り、ニンニクを微塵切りにする。
  3. 鍋に油を熱してニンニクを炒める。加えて牛肉を炒める。
  4. 肉の色が変わったら一度取り出し、バターを鍋に溶かしてタマネギを炒める。
  5. タマネギがしんなりしたら肉を戻し、マッシュルームと水、赤ワインローリエを加えて10分程煮込む。
  6. 更にドミグラスソーストマトまたはトマトケチャップウスターソースを加えて10分程煮込む。
  7. 皿に盛り、仕上げに生クリームなどをかけて完成。

マッシュルームは缶詰のものでもよいが、生のものを使う場合はタマネギとともに炒める。 また水と一緒に市販のコンソメを加えてもよい。

食べ方[編集]

白飯にかけてハヤシライスとする。バターライスを用いたり、パスタパンマッシュポテトなどと共に食べてもよい。

その他[編集]

食品メーカーのオリエンタルは、ハヤシライスルーの商品名としてハヤシドビーという表記を採用している[7]

類似する料理[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 澁川祐子 『ニッポン定番メニュー事始め』、2013年、210頁。ISBN 978-4-7791-1934-7
  2. ^ Richard Briggs (1788). The English Art of Cookery. London, England: G. G. J. and J. Robinson. pp. 212-213.  (Online version at HathiTrust Digital Library)
  3. ^ Charles Elmé Francatelli (1862, 2nd Edition). The Cook's Guide, and Housekeeper's & Butler's Assistant. London, England: Richard Bentley. p. 207.  (Online version at HathiTrust Digital Library)
  4. ^ Henry Hartshorne (1881). The Household Cyclopedia of General Information. New York, NY, USA: Thomas Kelley. p. 341.  (Online version at Scribd)
  5. ^ マダーム・ブラン(口述)、洋食庖人(筆記)、松井鉉太郎(奥付著者) 『軽便西洋料理法指南 : 実地応用 一名・西洋料理早学び』 新古堂書店、東京、日本、1888年、26-27頁。国立国会図書館デジタルコレクション
  6. ^ 三八光商会編輯部 『女道大鑑』 三八光商会、東京、日本、1909年、70-71頁。国立国会図書館デジタルコレクション
  7. ^ 懐かしの定番商品 即席ハヤシドビー | 株式会社オリエンタル

関連項目[編集]