粿条

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インドネシア、ランテパオの鶏肉とエビの粿条

粿条(クエティオウ[1]{Kway Teow, Kuy teav,kóe-tiâu})は、潮州系閩南系華人発祥、台湾で花を開いた米料理である。廣府系(広東・広西・海南・香港・マカオ)における河粉や、客家の「粄条」と同じ、または似たもの[2]。台湾を代表として、マレーシア、シンガポールなどの東南アジアでもよく見られる庶民料理の一つである。「粿条」というものは米粉から作られる。水を加えてペースト状にしたものを蒸すことによって薄いシート状にし、それを切って整形する。調理法は多岐に及ぶが、よく見られるのは炒めるか茹でるかのいずれか。

マレーシア[編集]

粿條湯

マレーシアのペナンでは、豚骨や鶏ガラのスープを使った汁麺か、牛肉入りの麺として食べられる。

派生食品[編集]

粿条から派生した食品として、タイのクイティアオ、シンガポールやマレーシアのクイティアウ、ベトナムのフーティウがある[1]

出典[編集]

  1. ^ a b ベトナム二都麺類学
  2. ^ 宋祝平.闽南小吃炒粿条.漳州信息超市.天锐网络服务有限公司,2009年3月10日.2010年1月13日查阅

参考文献[編集]