鯛めし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鯛めし(たいめし)はを素材とする日本料理の一つである。

概要[編集]

鯛と米は日本人にとって古来より馴染み深い食品の代表格であり、これらを用いた料理は全国各地にみられる。現在の日本で一般的にイメージされる鯛めしは、鯛を一尾まるごと米飯に炊き込んで作ったものを指す。鯛は臭みを取り香ばしさを出すために予め焼かれ、米飯の味付けには醤油みりん昆布などが用いられる。炊飯には土鍋が使われることも多い。炊き上がったら骨を外し、身をほぐして取り分ける。薬味には木の芽針生姜などをあしらう。湯茶をかけて鯛茶漬けとしても美味である。

上記以外にも、味付けした鯛そぼろを乗せた飯や、鯛の刺身を乗せた飯のことを鯛めしと呼ぶ例がある。

駅弁[編集]

駅弁としての鯛めしの歴史は明治時代からみられる[1]

鯛めし弁当は現在、今治駅神戸駅敦賀駅大船駅横浜駅箱根湯本駅小田原駅熱海駅三島駅沼津駅静岡駅などで販売されているが、今治駅など西日本の駅弁が鯛の身をほぐして混ぜ込んだ炊き込みご飯であるのに対し、神奈川静岡など東日本では茶飯の上に甘く味付けしたおぼろを散らしたものを鯛めしと呼んでいる。また、静岡駅の鯛めしは原材料に赤魚を用いており、パッケージにもその旨が記載されている。

宇和島鯛めし[編集]

南予の鯛めしの一例(宇和島市)
南予の鯛めしの一例(松山市内)

鯛めしは愛媛県郷土料理の一つとして知られるが、地域によって、大きく二つの種類に分けられる。 東予地方中予地方では一般的な焼き鯛の炊き込みご飯を鯛めしと呼ぶが、宇和島市を中心とする南予地方では、鯛の刺身を醤油を主体としたタレ生卵ゴマきざみねぎなどの薬味を混ぜたものに和え、ご飯に載せたものを鯛めしと呼ぶ。

同地方にはひゅうが飯という味付けした刺身を米飯に載せて食べる料理があり、「鯛めし」はその鯛バージョンを指す名称であった。 元々は宇和島市の一部に伝わる家庭料理であったが、昭和50年代に、当時の津島町(現宇和島市)に「六宝」という名称でひゅうが飯を出す店が現れ、他地域の人々にも知られるようになった。その後「生の鯛めし」は松山市など宇和島市以外の県内に広がり、やがて南予地方の名物とされるようになっていった。 昭和60年代には「鯛めし(ひゅうがめし)」と記載する例が多かったが、やがて「鯛めし」の名称に統一されていった[2]

2007年(平成19年)、「宇和島」の地名を冠し、「宇和島鯛めし」として農林水産省の「郷土料理百選」に選ばれた。

松山市では平成21年に「活き鯛めし」の名称を使い、松山市の郷土料理として大々的に「鯛めし」を紹介したが、現在は宇和島が発祥の地と変更されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『第39回企画展 駅弁むかし物語 -お弁当にお茶-』 東日本鉄道文化財団 2015年 pp.16 - 19に写真が見られ、大正昭和では「鯛めし」の表記だが、明治期では「鯛飯」と二字とも漢字で表記されている。
  2. ^ 土井中照『愛媛たべものの秘密』(アトラス出版)