キリバット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはブラーフミー系文字(インド系文字)が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
キリバット
Kiribath.jpg
キリバット
キリバットの概要
発祥地 スリランカの旗 スリランカ
関連食文化 スリランカ料理
主な材料 ココナッツミルク
テンプレートを表示

キリバットシンハラ語: කිරිබත්、英語: Kiribath)は、から作られるスリランカの伝統的料理である。キリ (කිරි kiri) はスリランカのシンハラ語ミルクの、バット (ඛත් bath) は炊いた米の意味であり、キリバットとはその名の通りココナッツミルクで炊いた米の料理である。[1] スリランカのもう一つの言語タミル語では、paacorと呼ぶ。キリバットの起源は定かではないが、現代のスリランカでは貧富に関わらずほぼ全ての家庭で食される伝統的な料理となっている。

キリバットは祭日やお祝い事に欠かせない料理である。[2] 毎月の月初めに朝食として食されるのに加え、4月のシンハラ人の新年英語版の際には年が明けてから最初の食事としてキリバットが食される。[3]

製法[編集]

キリバットのレシピは極めてシンプルである。基本的には、米を約15分間炊いた後ココナッツミルクを加え、水分が米に吸収されるまで再び炊飯を続けるだけである。炊飯中には塩も加える。しかしそれ以外にもゴマカシューナッツを加えるなど、家庭ごとに様々な調理法のバリエーションがある。

キリバットは通常、赤たまねぎ香辛料を混ぜたルヌミリスと一緒に提供される。またジャガリー英語版(ヤシ糖)やバナナとともに出されることもある。新年や特別なお祝い事の際は、同じく伝統的なお菓子であるキャウンコキス、Athirasaと合わせて提供される。

皿に盛る際は、平たい皿を用い上面と側面の形を整えた上で、さらにひし形にカットを入れて提供するのが一般的である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Sri Lanka: Food & Tropical Fruits”. lankalibrary.com. 2008年9月13日閲覧。
  2. ^ Culture of SRI LANKA”. everyculture.com. 2008年9月13日閲覧。
  3. ^ Sinhalese New Year Festival”. info.lk. 2008年9月13日閲覧。

外部リンク[編集]