パッ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パッ
Bap (cooked rice).jpg
発祥地 大韓民国
関連食文化 朝鮮料理
主な材料 コメ及びその他の穀物
85 kcal (356 kJ)[1]
テンプレートを表示
パッ
各種表記
ハングル 밥 / 반
진지 (honorific)
수라 (honorific)
(honorific)
漢字 - / 飯
-
-
-
RR式 bap / ban
jinji
sura
me
MR式 pap / pan
chinji
sura
me
テンプレートを表示

パッまたはパプ(bap)[2][3]は、コメを単独で、あるいは黒米オオムギモロコシキビアワ、また様々な等の穀物とともに水がなくなるまで炊いた韓国である[4][5]。野菜や魚介、肉等を加えて炊くこともある[6]

作り方[編集]

伝統的には、パッは大きな家族用にカマソッ鋳鉄)で作られるが、最近では炊飯器が用いられる。トルソッ(石の深鍋)が用いられることもある。カマソッやトルソッを用いて炊くパッは、sotbapと呼ばれ、特に美味とされ、お焦げヌルンジ)もできる。

パッを作るために、まずコメを水の中で磨き、何度か水で流す。この過程で研ぎ汁(tteumul)ができる[7]。炊く前に30分程度水に浸し、均一に火が通るようにする。玄米ジュズダマ等の大きな穀物を入れる場合は、数時間から一晩は水に浸す必要がある。その後、炊く。通常の厚底の深鍋を用いる場合、蓋をして中火で約10分、かき混ぜてさらに弱火で5-10分間加熱する。

鍋底にできたお焦げは、スナックとして食べたり、スンニュン(お焦げ茶)を作るのに使われる。

料理[編集]

出典[編集]

  1. ^ huinbap” (朝鮮語). Korean Food Foundation. 2017年5月16日閲覧。
  2. ^ Lee, Cecili a Hae-Jin (2015年1月5日). “Six Koreatown restaurants with great banchan”. Los Angeles Times. 2017年2月28日閲覧。
  3. ^ Korea Tourism Organization (2017年2月21日). “Exploring Korea’s true flavor”. Stripes Korea. http://korea.stripes.com/news/exploring-korea%E2%80%99s-true-flavor 2017年2月28日閲覧。 
  4. ^ ”. Basic Korean Dictionary. National Institute of Korean Language. 2017年1月8日閲覧。
  5. ^ An Illustrated Guide to Korean Culture - 233 traditional key words. Seoul: Hakgojae Publishing Co. (2002). pp. 12-13. ISBN 978-89-85846-98-1 
  6. ^ Types of Korean Food -Staple food”. www.hansik.org. Korean Food Foundation. 2017年1月8日閲覧。
  7. ^ Rice Water Bright Cleansing Light Oil”. international.thefaceshop.com. The Face Shop. 2017年1月8日閲覧。