アロス・コン・レチェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アロス・コン・レーチェ

アロス・コン・レーチェスペイン語:arroz con leche)は、牛乳で作ったデザートスペイン中南米の各国でよく食べられている。

作り方[編集]

材料は、牛乳砂糖シナモンレモンの皮などを香り付けに使う事が多い。

  1. 米を5-6倍程度の量の牛乳と共に鍋に入れる。好みでレモンの皮などの香り付けの材料も入れる。
  2. これを火にかけ、沸騰したらごく弱火にして20分程度煮込む。
  3. 米が柔らかくドロドロになったら、砂糖を加える。
  4. 小鉢マグカップなどの器に盛り、シナモンなどの香辛料を好みでふりかける。

これを冷蔵庫などで冷やして食べる事が多いが、温かいまま食べることもある。

バリエーションなど[編集]

上記のアロス・コン・レーチェに、黄身を加えたものは、「アロス・エンペラトリス」(arroz emperatriz : スペイン語で「皇后の米」の意)と呼ばれる。

メキシコでは、始めから牛乳を煮るのではなく、水で煮た米にコンデンスミルクや牛乳を加えて作る事も多い。

干しブドウなどの乾燥果物を入れる事もある。大人向けにはブランデーポートワインなどを入れる事もある。

同様の料理は世界各国にあり、例えば英語圏では「ライスプディング」、ポルトガルではアローシュ・ドース、ドイツでは「ミルヒライス」と呼ばれている。

童謡[編集]

アロス・コン・レーチェは、スペイン語圏の各国で子供おやつとして人気が高い。また、「アロス・コン・レーチェ」という名前の童謡が広く親しまれている。

Arroz con leche, アロス・コン・レーチェ、
me quiero casar 結婚したいな
con una señorita de San Nicolás サン・ニコラスのお嬢さんと
que sepa coser 裁縫ができて
que sepa bordar 刺繍ができて
que sepa abrir la puerta ドアを開けて
para ir a jugar. 遊びに行ってくれる子と。
Con ésta sí. これで「はい」。
con éste no, これで「いいえ」、
con esta señorita このお嬢さんと
me caso yo. 結婚しよう。
Cásate conmigo que yo te daré 結婚してくれたら
zapatos y medias color café. 茶色の靴と靴下をあげる。

この歌詞は、地域によって多少異なっている。特に「サン・ニコラス」の部分はそれぞれの土地にちなんだ名前で歌われる。しかし、いずれも子供の好きなものの一つとして歌の冒頭にアロス・コン・レーチェが登場する。

外部リンク[編集]