出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

(かま)は、熱を材料、食品に加えるための器具。

中国の釜[編集]

中国では新石器時代には持ち運び可能なコンロに釜を載せた形態の釜竈がみられた[1]商朝から戦国時代にかけてはが多用されていったん衰えた[1]。釜が再び使用されるようになるのは春秋時代晩期になってからである[1]

日本の釜[編集]

釜と

一般には、炊飯や湯沸し用の金属製の道具を指すことが多く、主に鋳造されたものが多い。竈に架けるための鍔があり、それを羽根に例えて羽釜(はがま)と呼ぶ。蓋は木製である。

釜はまた、茶の湯では茶をいれるための湯を沸かす道具として用いる。千家十職にも「釜師 大西清右衛門」の名が挙がる。

歴史[編集]

西日本では古墳時代以降の遺跡から竈形土器が出土しているが、これらは中国の釜竈と類似点がみられる[1]

古来、釜は神聖視され、盟神探湯湯立鳴釜神事等の釜を使った呪術がある。『地獄極楽図屏風』(京都金戒光明寺所蔵、鎌倉中・後期)の仏教説話画に、釜茹でにされる人の描写があり、13、14世紀には、人も入れる巨大釜が地獄の刑罰器と認識されていたことはわかる。後世では、16世紀に石川五右衛門の釜茹での刑が知られているが、これも京都で処刑されている共通点がある。

同一語源[編集]

同音の「かま」という語には以下のものがあり、同一語源である[2][3] [4] このうち「竈」「罐」は当用漢字外の文字であるため、「釜」と代用表記されることがある。

  • - ガラスや焼物などを作るのに使う、中に入れた物を高温によって溶解・化学変化させる設備。
  • - かまど。上に「釜」などの調理器具を乗せ、加熱するために火を起こす設備。
  • 罐 - 蒸気機関車などのボイラーのこと。転じて機関車そのもの(電機、ディーゼル機関車を含め)をカマと呼ぶことがある。

釜を使用した料理[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ a b c d 浅川滋男 『住まいの民族建築学』、1994年、140頁。
  2. ^ かま【釜】(デジタル大辞泉) - goo辞書
  3. ^ かまど【竈】(デジタル大辞泉) - goo辞書
  4. ^ かま【罐/缶】(デジタル大辞泉) - goo辞書

関連項目[編集]