町衆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

町衆(まちしゅう/ちょうしゅう)とは、室町時代から戦国時代にかけての、特に土倉などの京都の裕福な商工業者である。応仁の乱後の京都復興においての重要な階層である。自治と団結を進め、文化を作った。主に法華経を信仰する。その本山が本能寺である。

平安時代京童などを継承する概念で近世、江戸時代町人へと継承される。

今日では「まちしゅう」と読まれることが多いが、『節要集』『日葡辞書』などの同時代史料によれば「ちょうしゅう」と発音されていたようである。

関連項目[編集]