アロス・ネグロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アロス・ネグロ
Arroz Negro
Arrosnegre.png
カニエビイカの入ったアロス・ネグロ
別名 パエージャ・ネグラ(paella negra)
種類 主菜
発祥地 スペインの旗 スペイン
地域 バレンシア州
カタルーニャ州
提供時温度 温かい
主な材料 白米イカイカ墨キューバ・ペッパー
派生料理 フィデウア・ネグラ(Fideuà negra)
その他の情報 キューバプエルトリコでも一般的な料理
テンプレートを表示
エビと貝を使ったアロス・ネグロ

アロス・ネグロスペイン語: Arroz negroバレンシア語ではアロス・ネグレ-Arròs negre、バレンシア語発音: [aˈrɔz ˈneɣɾe]と呼ばれる)は、スペインバレンシア州カタルーニャ州で作られている、イカ墨イカ(もしくはタコ)、コメを用いて作るシーフード・パエリアに似た料理である[1][2][3][4]。パエリア・ネグラ(paella negraスペイン語で黒いパエリアを意味する)と呼ばれることもあるが、作り方は同じであっても伝統的にパエリアとは呼ばれてこなかったため厳密にはこの名称は誤りである。

アロス・ネグロはネグロが「黒」を、アロスが「米」を意味するため黒米を使用した料理と勘違いされることがあるが、伝統的なレシピにおける材料はイカ墨、イカ、白米ニンニクグリーン・キューバペッパーパプリカオリーブオイル魚介類出汁である[5]。しかし、現代ではカニエビなど他の魚介類を加えて作ることも多い。

アロス・ネグロが黒色をしているのはイカ墨の色が反映されているためであり、イカ墨は魚介類の旨味を増す働きも持つ。

アロス・ネグロはスペインバレンシア州カタルーニャ州だけでなく、キューバプエルトリコにおいても一般的な料理であり、キューバやプエルトリコではアロス・コン・カラマレスarroz con calamares、スペイン語でイカ飯を意味する)と呼ばれている[6][7]

また、アロス・ネグロの派生料理としてフィデウア・ネグラ(Fideuà negraカタルーニャ語で黒いを意味する)がある。こちらはイカスミパスタをつかったイカスミスパゲッティに似た料理となっており、アイオリソースとともに供される事が多い。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]