ライスバーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ライスバーガー
MOS rice burger (cropped).JPG
モスバーガーのライスバーガー「かき揚げ
種類 サンドイッチ(ハンバーガー)
発祥地 日本の旗 日本
考案者 モスバーガー
主な材料 米飯バンズパティ
テンプレートを表示
台湾のチキンライスバーガー

ライスバーガーは、ハンバーガーバンズとしてパンの代わりに米飯を圧縮したものを使用した食品である[1]

概要[編集]

日本ファーストフードチェーン店モスバーガー1987年に導入したもので[2][3]東アジアで人気の食品となっている。かつて存在した森永LOVEでもレギュラーメニューに「鮭ライスバーガー」が存在したほか[4]2005年ごろよりマクドナルドでも、さまざまな理由からアジアの店舗でライスバーガーを提供し始めた[5][6]フレッシュネスバーガーでも2008年に期間限定メニューとして「スパムライスバーガー」を販売したことがある[4]

韓国ではパッバーガー(パッは韓国語で米飯を意味する)の名で呼ばれ、キムチツナをサンドした韓国スタイルのライスバーガーが販売されている[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Harlan Walker (1996). Food on the Move: Proceedings of the Oxford Symposium on Food and Cookery. Oxford Symposium. https://books.google.com/books?id=uYqTiD7SbcQC&pg=PA68&dq=%22Rice+burger%22&hl=en&sa=X&ei=nQlDUfykBZD-rAGnvYCYBA&ved=0CEYQ6AEwBA#v=onepage&q=%22Rice%20burger%22&f=false. 
  2. ^ Matthew Amster-Burton (2008年12月11日). “Rice Burgers: The Ultimate Fast Food"”. Gourmet. 2008年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月30日閲覧。 “2008年12月17日時点のInternet Archiveによるアーカイブページ。”
  3. ^ Pradyumna Karan (2010). Japan in the 21st Century: Environment, Economy, and Society. University Press of Kentucky. p. 229. ISBN 978-0813127637. 
  4. ^ a b フレッシュネス初のライスバーガー、「スパムライスバーガー」を数量限定販売 - MONOMETRO・2008年4月15日
  5. ^ Jackie Lin (2005年2月2日). “McDonald's test drives two rice burgers in Taiwan"”. Taipei Times. 2016年12月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年12月30日閲覧。
  6. ^ Kathy Chu (2010年9月7日). “Fast-food chains in Asia cater menus to customers”. USA Today. 2016年12月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年12月30日閲覧。 “"Customers initially responded favorably to the product but eventually lost interest because rice is not something they associate with McDonald's, says Tim Fenton, the chain's president for the Asia, Pacific, Middle East and Africa region.”
  7. ^ 온라인뉴스팀 (2014年5月21日). “요즘 대세 밥버거, 여름철 판매량도 높아 '인기 실감'”. etnews. 2016年12月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年12月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]