ブンリュウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブンリエウから転送)
ブンリュウ
Bun rieu.jpg
ブンリュウと野菜料理
別名 ブンリエウ、ブンジウ
種類 麺料理
発祥地 ベトナム
地域 東南アジア
主な材料 トマトシュリンプペーストビーフン
派生料理 ブンリエウクア
テンプレートを表示

ブンリュウベトナム語 - Bún riêu)、あるいはブンリエウ、ブンジウとは、ベトナム麺料理の一種で、トマトで作ったスープビーフンを入れたもの[1]。ブンリュウ・クア(のすり身)、ブンリュウ・カー()、ブンリュウ・オック(巻き貝)など、用いる材料によっていくつかの種類がある [2] [3]

ブンリュウクアは、トマトでとったスープにに淡水蟹のすり身を載せた一品で、蟹にはベトナム水田に生息している茶色の水田ガニをはじめ、様々な種類の淡水ガニが使われる。蟹は砂抜きをし、殻ごと叩いて細かいペースト状にする。その後このペーストを濾し、蟹の液体をトマトと一緒にスープのベースとする。蟹の残滓はカニカマの材料として使われる。その他、タマリンドペースト揚げ、米酢、Garcinia multiflora Champなどが加えられる。アナトー種、フイエット(豚の血を固めたもの)、空芯菜の茎、バナナの花、ナギナタコウジュスペアミントシソモヤシ、精進ソーセージなどを用いることもある。蟹の殻を砕くことでカルシウムを、豚の血液を材料とするフイエットから鉄分を、野菜からビタミンや食物繊維を摂れるなど、栄養豊富な一品である。

ブンリュウクアの材料

ブンリュウはさっぱりとした酸味が特徴的で、ベトナムの夏の風物詩となっており、専門店も多い。

材料[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

 

  1. ^ https://world-food.info/bun-rieu
  2. ^ Aruna Thaker, Arlene Barton Multicultural Handbook of Food, Nutrition and Dietetics 2012 Page 171 "Bún riêu: Noodle soup .."
  3. ^ Vietweek May 18th 2012 print edition The market beyond the hedge "Not surprisingly, seasoned shoppers at Phung Hung delight in the fermented fiat of a soup so pungent, it makes bún riêu seem like a Cup-o-Noodles. Bún mắm allegedly came from the Mekong Delta province of Soc Trang, where Khmer, Chinese and Vietnamese communities have intermingled for centuries."

外部リンク[編集]