エッグ・コーヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エッグ・コーヒー

エッグ・コーヒー英語: egg coffeeベトナム語: cà phê trứng /咖啡𠨡)[1]ロブスタ種コーヒー卵黄砂糖加糖練乳を混ぜて飲まれるベトナムの伝統的な飲料。エッグ・コーヒーは溶いた卵黄に砂糖とコーヒーで作られ、そしてカップの半分ほどコーヒーを注いだ後、卵黄を温めて溶いた同量のエッグクリームを注ぐ。バズフィードは、エッグ・コーヒーを「液体ティラミス」と表現した[2]

エッグ・コーヒーはハノイのカフェで提供されており[3]、1950年から定番となっていて、あるバリスタはどのカフェメニューにも書いてあると表現している[4]。エッグ・コーヒーで有名なGiang Caféは鶏卵黄、コーヒーパウダー、加糖練乳で作り、トッピングとしてチーズを加える。温度を保つため、温水を入れたボールの中にカップを入れて提供する。カフェの創業者の息子は彼の父はベトナムで牛乳が不足した際に、乳製品の代用品として卵黄を使用したことからエッグ・コーヒーのレシピを考案したと主張している[5]

2014年には、ホーチミン市のカフェでエッグ・コーヒーの提供が開始された[4]

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ Hanoi street food tour: grazing, Vietnamese style”. Telegraph.co.uk. 2014年12月4日閲覧。
  2. ^ Egg coffee makes world top 10 best drink list”. The Voice of Vietnam (2014年11月4日). 2014年12月4日閲覧。
  3. ^ House, Alana. “The world’s weirdest coffee experiences”. heraldsun.com.au. 2014年12月4日閲覧。
  4. ^ a b NPD Khanh & filed under Features. “Egg Them On”. ©Oi Magazine. 2014年12月4日閲覧。
  5. ^ In Hanoi, an Adventure for Coffee Lovers”. Wall Street Journal (2013年9月13日). 2014年12月4日閲覧。