モン族 (Hmong)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モン族
赫蒙族
Hmong women at Coc Ly market, Sapa, Vietnam.jpg
ベトナムのモン族
総人口
400万~500万人[1]
居住地域
中華人民共和国の旗 中国 3,000,000
ベトナムの旗 ベトナム 1,068,189 (2009)[2]
ミャンマーの旗 ミャンマー 1,000,000(推定)[3]
ラオスの旗 ラオス 460,000 (2005)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 260,073 (2010)[4]
タイ王国の旗 タイ 151,080 (2002)
フランスの旗 フランス 15,000
オーストラリアの旗 オーストラリア 2,190[5]
フランス領ギアナの旗 フランス領ギアナ 2,000[6]
カナダの旗 カナダ 830[7]
アルゼンチンの旗 アルゼンチン 600
ドイツの旗 ドイツ 500
言語
モン語
宗教
Ub Dab (モン族のシャーマニズム), 仏教, キリスト教

モン族 (RPA: Hmoob/Moob, IPA: [m̥ɔ̃ŋ]) とは中国雲貴高原ベトナムラオスタイ山岳地帯にすむ民族集団ミャオ族の下位グループである。

概要[編集]

モン族の「モン」は自称であり、モン語で「(自由な)人」・「我々」・「自由」といった意味がある[8]。「白モン」「花モン」など民族衣装の色調に基づいて類別された呼称は他の民族が付けた他称であり、タイでの呼称「メオ(Meo)」はモン族からは蔑称として捉えられている[8]

アニミズムシャーマニズムを信仰し、クロスステッチを多用した民族衣装が著名である[8]。モン族全体で漢族に似た30ほどのがあり、1つの村は1から10種類の姓の父系出自集団によって構成される。家族形態は核家族または既婚の息子家族が同居する拡大家族であり、一夫多妻婚レヴィレート婚も存在する。

モン族の本来の生業は移動開拓する焼畑農業であり、海抜千数百メートル程度の山地を開墾し、地力が衰えると放棄し移動した。主な作物は陸稲トウモロコシだが、かつてはアヘンケシの栽培で有名となった[8]。 近年は、芥子栽培の禁止と焼畑の耕作制限によって常畑農耕による定住生活に切り替わりつつある。

歴史[編集]

モン族はミャオ族と同様に三苗に民族的起源があり、古代には洞庭湖付近から揚子江下流域にかけて居住していたと考えられる[8]18世紀初頭から、漢族に押し出される形で徐々に南や南西方向へ移動を始めた。

第一次世界大戦期の1918年から1821年にかけて、インドシナ北部でフランスタイ族領主からの収奪に反抗し、モンの独立を究極の目標としたパー・チャイの反乱英語版を起こしている。

第一次・第二次インドシナ戦争のときに、フランスとアメリカ合衆国はお互いに北ベトナムおよび共産主義者パテート・ラーオの武装勢力と闘うため、ラオスのモン族を数十万雇った。

ラオス領内におけるアメリカの反共破壊工作は「ラオス秘密戦争」と呼ばれ、CIAが指揮を執った。ラオス領内には、北ベトナム軍が南ベトナムのベトコンに支援物資を送るための「ホーチミン・ルート」と呼ばれる補給路が存在した。ラオスは中立国だったが、米軍はこの補給路を断つため総量で200万トン以上におよぶ爆撃を行った。ラオスへの爆撃はニクソンによる北爆停止宣言後も行われるほど執拗なものだった。

この爆撃と並行して行われたのが、バン・パオ将軍率いるモン族部隊による補給路の破壊工作である。CIAは金属すら見たことのないモン族に銃の使い方から戦闘機の操縦法まで、ありとあらゆることを教え込んだ。モン族の部隊は破壊工作のほか、「サイト85」とよばれる米軍のレーダー基地の守備にもあたった。彼らはラオスの首都ヴィエンチャンから北へ約200キロほどの場所にあるロンチェンの秘密基地を本拠地とした。この基地は1960年代〜70年代当時は地図にも記載されておらず、「世界で最も秘密の場所」と呼ばれた。前述のバン・パオ将軍の家もこのロンチェンにあった。

アメリカがベトナム戦争に敗れると、モン族は見捨てられ行き場を失った。彼らの多くはベトナム軍、ラオスの共産勢力、パテート・ラーオの三者による掃討作戦で返り討ちに遭い、女、子供も含めて虐殺された。

この地獄を逃れた数十万のモン族が政治亡命を求めタイに逃げた。これらの難民数千人が1970年代後半から欧米諸国、主に米国、またオーストラリア、フランス、フランス領ギアナカナダ、および南米に移住している。その他は国連の本国送還プログラムのもと、ラオスに戻っている。

ラオス国内ではゲリラ化したモン族による抵抗闘争や、山賊化したモン族による犯罪が散発的につづき、この問題がいまだに解決していないことを示している。

モン族が登場する作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lemoine, Jacques (2005年). “What is the actual number of (H)mong in the world?”. Hmong Studies Journal 6. http://www.hmongstudies.org/LemoineHSJ6.pdf. 
  2. ^ The 2009 Vietnam Population and Housing Census: Completed Results”. General Statistics Office of Vietnam: Central Population and Housing Census Steering Committee. p. 134 (2010年6月). 2013年11月26日閲覧。
  3. ^ 岡部一明「ミャンマー民主化の課題と展望 -少数民族問題、経済開発」、『東邦学誌』第41巻第2号、愛知東邦大学2012年12月、 13-46頁、 NAID 110009495091
  4. ^ American FactFinder”. Factfinder2.census.gov. 2012年6月7日閲覧。
  5. ^ ABS Census – ethnicity”. 2012年6月7日閲覧。
  6. ^ Hmong's new lives in Caribbean” (2004年3月10日). 2014年3月11日閲覧。
  7. ^ NHS Profile, Canada, 2011, Statistics Canada
  8. ^ a b c d e 谷口 2005, pp. 98-106.

参考文献[編集]