フェットゥチーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
生のフェットゥッチーネ

フェットゥチーネ(: Fettuccine)は、パスタの一種。イタリア語で「小さなリボン」という意味がある。日本ではフェットチーネという表記も見られる[1][2][3]

概要[編集]

トスカーナ料理とローマ料理で人気のあるパスタの一種。卵と小麦粉から作られる平打ち麺で、通常は小麦粉100gごとに1個の卵で作られる。同じ平打ち麺のタリアテッレと良く似ているが、タリアテッレは幅5mm程度となり、フェットゥチーネは幅7.5mm前後のためやや幅広い。伝統的には新鮮な生パスタで使用されるが、半生や乾燥したものを店頭でも購入できる。

フェットゥチーネは牛肉のラグー(sugo d'umido)や鶏肉のラグー(ragu di pollo)とともに食べられる。ローマで生まれ20世紀半ばに進化したフェットゥチーネ・アルフレード(フェットゥチーネ、チーズ、バターを使用して作るパスタ)が米国で絶大な人気を博し、イタリア系アメリカ料理の基礎となった。スペインでは、小麦粉と卵にホウレンソウを加えてフェットゥチーネを作る。

関連文献[編集]

  • Boni, Ada (1983) [1930] (Italian). La Cucina Romana. Roma: Newton Compton Editori 
  • Carnacina, Luigi; Buonassisi, Vincenzo (1975) (Italian). Roma in Cucina. Milano: Giunti Martello 

出典[編集]

  1. ^ 戸越銀座にあるミートソース専門店!粗挽き肉の旨みが詰まった絶品パスタが味わえる!」『毎日新聞』、2021年6月17日。2021年6月27日閲覧。
  2. ^ ローソン “専門店の腕利きシェフが作ったような”本格パスタ2品発売、「6種チーズの生パスタリングイネ」「角切り牛肉の生パスタフェットチーネ」」『食品産業新聞社』、2020年8月28日。2021年6月27日閲覧。
  3. ^ 川崎麻世、家庭菜園のバジルでプロ顔負け手料理…「料理番組やってみては?」など絶賛相次ぐ」『スポーツ報知』、2020年11月21日。2021年6月27日閲覧。