ヨウサイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨウサイ
N Ipoa D1600.JPG
ヨウサイ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナス目 Solanales
: ヒルガオ科 Convolvulaceae
: サツマイモ属 Ipomoea
: ヨウサイ I. aquatica
学名
Ipomoea aquatica
Forsskal.
和名

ヨウサイ(蕹菜)
英名
Water Morning Glory
water spinach
kang kong

ヨウサイ(蕹菜拼音: wēngcài ウォンツァイ)、学名: Ipomoea aquatica)は、ヒルガオ科サツマイモ属野菜。茎が空洞になっており、このため、中国語空心菜(コンシンツァイ、拼音: kōngxīncài)や通菜(トンツァイ、拼音: tōngcài)とも呼ばれる。漢名の「空心菜」を日本語読みして俗にクウシンサイともいうが、和名ではなく登録商標[1]

名称[編集]

別名が多い。

  • アサガオナ(朝顔菜)
  • エンサイ(蓊菜)は台湾語エンツァイ(蓊菜)の訛り。「エンサイ」「莚菜」が野菜、料理、飲料の名称として商標登録[2][3]
  • ムシロナが料理、飲料などの呼称として登録されている[4]
  • 沖縄ではウンチェー(蕹菜)、ウンチェーバー(蕹菜葉)と呼ばれる。「莚」は草むしろを意味する漢字で本来、本種の意味はない。別名エン「蓊」の音を表すための代用当て字とみられる。

中華人民共和国広東省では、俗に食べ過ぎると痙攣を起こすともいわれ、広東語で抽筋菜(チャウカンツォイ、chau1gan1choi3)の俗称がある。

特徴[編集]

ヨウサイ
水上のヨウサイ農地

つる性多年草だが、作物としては一年草扱い。東南アジア原産で、高温多湿の熱帯、湿地で多く栽培され、水耕栽培も可能。外見はサツマイモに似ており、茎は中空で這う。葉は切れ目の入った長卵形。アサガオのような淡紫色または白色の花を付けるため、朝顔菜(あさがおな)の別名もある。最低気温が10度を下回ると、茎も根も枯れる。

水辺に生育し、水面に茎(空洞で節がありフロートと同じ)を浮かせて進出する。汽水域でも成長可能である。暑さに強く水上で栽培すると大量に根を伸ばして水をよく吸収することから、近年では湖沼などの水質浄化活動によく用いられている[5][6]

日本には古くは沖縄県方面を経て九州に渡来した。真夏でも収穫でき、時期的に希少な葉野菜となる。九州以北の露地栽培では花をつけても種をほぼつけず、自生繁殖による生態系への影響は低い。

利用[編集]

ヨウサイの炒め物

茎葉を主に炒め物、または中華風のおひたし (タン[燙]青菜) として、中国台湾フィリピンベトナムタイマレーシアインドネシアなどの東南アジアで用いる。ニンニクと一緒にで炒めたり、魚醤の類や豆豉で味付けして炒めたりすることが多い。調味料シュリンプペーストオイスターソースなども使われる。

オーストラリアの先住民族アボリジニの間ではブッシュ・タッカーとして古くから消費されてきた。

日本でも、沖縄県で従来より栽培されていたほか、九州地方などの温暖な地域で栽培が広がりつつあり、ヨウサイ栽培農家も増えている。消費者が入手または栽培するのも容易になりつつある。エスニック料理店や中華料理店で高級食材のメニューに載ることも増えている。

岐阜県立恵那農業高等学校では、水を入れたコンテナで空心菜を栽培する方法「コンテナドボン栽培」を開発[7]

名古屋市堀川においては、ポットトレイにペットボトルをつけた「ペットボトルミニ浮島」で、空心菜栽培を2010年に行い、1%程度の塩分を含む汽水域での栽培が可能であることを確認した。2017年2月には、竹をしならせ2重のビニールテープで固定した「竹製浮島」を考案し、同年7月名古屋市堀川で空心菜の栽培実験を行った。

栄養価などホウレンソウと比較されることが多く、ホウレンソウに負けないほどの栄養価があり利用価値が高い。ただし、ホウレンソウと比較してシュウ酸の量が少ないと薦めるホームページも多い[要出典]が、実際にはホウレンソウ並みにシュウ酸を含んでいるので、ホウレンソウと同様に、尿管結石等の原因となる場合がある。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [(商品名)「空芯菜」第4343207号。1999年12月10日登録]
  2. ^ 第4372141号。2000年3月31日登録。
  3. ^ 第4512839号。2001年10月12日登録。
  4. ^ 第4513683号。2001年10月19日登録。
  5. ^ [1]阿木川ダム水質浄化実験」恵那農業高校 環境科学科
  6. ^ [2]名古屋市堀川にて水質浄化実験」
  7. ^ 月刊現代農業2014年11月号に掲載

関連項目[編集]

外部リンク[編集]