ブカティーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブカティーニ(Bucatini)
Bucatinicloseup.JPG
別名 ペルチャテッリ(Perciatelli)
種類 パスタ
発祥地 イタリア
主な材料 デュラムセモリナ粉、水
派生料理 ズィーティ、ズィトーニ
テンプレートを表示

ブカティーニ (伊語: Bucatini ) はシチリア発祥で、イタリア中部地方、特にローマ周辺でよく用いられるパスタの一種である。ペルチャテッリ(Perciatelli)と呼ばれることもある。

概要[編集]

スパゲッティよりもやや太く、直径3-6mm程で長さは25–30 cmくらいの中心に穴のあいた細長く固いパスタである。デュラムセモリナ粉と水で作る。名前はイタリア語で「穴」を意味する「ブーコ」 (buco) に由来する。また、"bucato"あるいはナポリ語の"perciato"などは「穴の開いた」という意味である[1][2]。ゆで時間は9分ほどである。

ブカティーニはラツィオ州全体、とくにローマでよく用いられる。ロングパスタ(スパゲッティ等)と穴のあいた筒状のショートパスタ(リガトーニペンネ等)それぞれの長所をあわせ持っており、様々なソースと相性が良く、特にアマトリチャーナ等のこってりした「重い」ソースや、パンチェッタグアンチャーレ、野菜、チーズアンチョビサーディンなどともよくあうとされている。

類似するパスタとしてズィーティ(ziti)がある。長くて穴のあいた棒のようなパスタで、なめらかな食感で端は四角く切られている。「カットズィーティ」は小さなチューブ状に切られたズィーティである[3]。ズィトーニ(zitoni)はズィーティの広いものである[4]

脚注[編集]

  1. ^ Giacomo Devoto, Gian Carlo Oli, Il Devoto-Oli. Vocabolario della lingua italiana, edited by Luca Serianni and Maurizio Trifone, Le Monnier.
  2. ^ Perciare in italiano”. Glosbe - Il dizionario multilingue on line. 2015年11月16日閲覧。
  3. ^ Cook's Thesaurus: Pasta Tubes”. Foodsubs.com. 2013年2月21日閲覧。
  4. ^ Type Of Pasta”. Thenibble.com. 2013年2月21日閲覧。